安倍首相退陣で円高はなぜ?【為替市場】日本株は急落の理由

安倍首相が辞任を表明いたしました。

持病が悪化しこれ以上執務を継続できないと判断したとのことです。

この安倍首相の辞任の憶測などの報道を受けて日本株は一時600円以上も下がりました。

終値では日本株は326円安にまで戻しましたが外国為替市場にも大きな影響を与えているようです。

安倍首相退陣

安倍首相の退陣と経済問題は下記のように報じられております。

28日の東京株式市場、日経平均株価は、安倍総理大臣が辞任する意向を固めたと伝わったことを受けて、売り注文が一気に膨らみ、一時600円以上、値下がりしました。

28日のの東京株式市場は、アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会が今の大規模な金融緩和策を継続する方針を示したことを前向きに受け止め株価は朝方から値上がりしていました。

しかし午後2時すぎに安倍総理大臣が辞任する意向を固めたと伝わると売り注文が一気に膨らみ、日経平均株価は一時600円以上、値下がりしました。

その後、買い戻す動きも出て、日経平均株価は結局27日の終値より326円21銭、安い、2万2882円65銭東証株価指数=トピックスは、11.02、下がって、1604.87、1日の出来高は16億6610万株でした。

出典:NHK

安倍首相の退陣表明が為されるとの予測が出て株式市場は大幅な安値となりました。

朝方は上昇していた日本株式も安倍総理大臣が辞任するということで下落に転じました。

これに対して円とドルなどの外国為替市場は安倍晋三首相の退陣を受けてどのような反応を示したのでしょうか。

為替市場の円高はなぜ?

安倍総理大臣の辞任の報道が流れてドル円の外為市場は円高に動きました。

ドル円相場は一時1ドル106円11銭まで円高がすすみました。

東京外国為替市場のドル・円相場は安倍首相の辞任報道を受け急反落、一時前日比0.4%安の1ドル=106円11銭をつけた。三菱UFJ銀行グローバルマーケットリサーチの内田稔チーフアナリストは、「辞任報道を受けて円買いだが、きょうの会見も新型コロナ対応の説明といった感じだったのでその分サプライズで反応しているのではないか。

アベノミクスの中心人物が辞任ということで、一時的にネガティブに反応している部分もありそう」と指摘した。辞任報道前のドル・円相場は株高を背景に106円95銭と2週間ぶりの水準まで上昇していた。 

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-27/QFQRQ2T0AFBP01

日本株は急落の理由

日本の株式市場は瞬間的に600円以上も安くなるなど大きく値動きしました。

やはり国の首相が辞任するとなると政権の不安定さや次の経済対策への見通しが立たないなど様々な要因でリスクを避けるため株式をいったん売ろうと考えた人もいたようです。

一旦600円以上下げたあとは買い戻しが入り最終的には

日経平均株価は326円21銭(1.4%)安の2万2882円65銭

で終了しました。

ドル円なども動きも明日以降も荒い値動きになるかもしれません。

ネットの反応

Twitterなどのネット上では安倍首相の退陣の表明を受けてたくさんのコメントが書き込まれております。

嫁に足引っ張られ無駄な時間を費やして憲法改正の道筋作れず残念でしょうね。次の首相も経済、毅然とした中韓外交を望みます。

外交手腕や若さなどから河野さんを推す声が多いのは理解できます。但し自民党総裁は国民の総意で選ばれるわけではないのがもどかしいところです。二階に託されたこともあり、今回は河野さんが選ばれることは100%ありません。今回選ばれる総裁はリリーフで来秋の衆院選に向けては新たな変化があるのではと予想します。

国民を欺く総裁選だけは勘弁して欲しい。

次はどれだけ持つか
今の問題も解決できないだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です