直撃ライブグッディの熱中症動画は?安藤優子の放送事故で炎上か

フジテレビの「直撃LIVEグッディ!」での中継放送での安藤優子さんの対応にネット上では批判が起きております。

中継者の女性が熱中症のような症状でいるにもかかわらずそのまま無理に中継をさせようと促したシーンの動画が炎上状態となっているようです。

Twitterを中心として安藤優子さんへの批判が高まっているようです。

中には放送事故なのではないのかなどのコメントもあります。

今回は熱中症の危険について報道してたのに、安藤優子さんは熱中症の危険を省みないような言動をとってしまったからな。

これは酷い中継ですね。王様気取りのキャスターだ。これで万一熱中症で現場の人間が倒れたら放送事故もの。現場のスタッフへの配慮も微塵も無い。長年キャスターをやっていて、一般的な感覚が失われている。もうこういう方は、キャスター失格でしょう。

安藤優子の放送事故で炎上か

安藤優子キャスターの放送事故ともいえるような炎上状態に現在ネットで騒がれているようです。

そして今回の渡月橋での中継に関して下記のような記事が出ております。

8月19日の放送で、京都市から中継していたリポーターが暑さから体調不良を訴えたうえ、言葉がうまく出なくなるなど熱中症と疑われる症状が出たにも関わらず、安藤キャスターが中継を続けるよう指示した、というものだ。

番組で京都市からの中継が始まったのは、午後2時すぎ。豊田綾子ディレクターが京都市の桂川にかかる渡月橋から暑さを伝えるものだった。

豊田ディレクターは冒頭、「かなり暑くて、頭がふらふらしてきますね」とコメント。その上で、手元の温度計を示し「40℃(表記は40.1℃)、40℃となっています」などと伝えた。

続いて「皆さんいろんな対策をしております。日焼け止めを塗るという方ももちろんなんですけれども、あとはですね、ペットボトルを凍らせて、そこにキュウリ凍らせて入れてきたりだとか」などと話したところで、異変が生じる。

「あとはですね…何だっけな、すみません。暑すぎて頭がボケっとしているんですね。ごめんなさい、(スタジオに)お返ししておきますね」と中継を自ら切り上げようとした。

スタジオの出演者からは心配の声も聞かれたが、メーンキャスターの安藤優子さんは戸惑う様子を見せ、「もう一度(中継に)返していいですか?」と豊田ディレクターに中継を続けるように促した。

それに応じ、豊田ディレクターは「返しちゃいますよね。そうですよね。あのですね…」と中継を続行。

豊田ディレクターが「ちょっと暑くてですね、対策としては日焼け止めというものをしております」とリポートを続けていたところで、倉田大誠アナウンサーが「豊田さん、ありがとうございました。一旦こちらで引き取ります」と切り上げた。

出典:HUFFPOST

安藤裕子アナが真夏の渡月橋の昼下がりの最も暑いときに中継をしていたことは承知していたはずです。

中継していたディレクターは熱中症のような感じなのではという印象を持った視聴者も多かったようです。

そしてこの番組構成であえてこのような中継をする必要があったのかに関しても議論があるようです。

炎上騒ぎとなっていることは間違いないようです。

直撃ライブグッディの熱中症動画は?

直撃ライブグッディでのディレクターの熱中症のような症状の動画はあるのでしょうか。

TwitterやYouTube上にはこのときのディレクターと安藤アナとのやり取りの動画が複数アップされております。

本当に熱中症なのかどうかはわかりませんが物議を醸しだした動画ということは間違いありません。

パワハラか

今回の熱中諸動画は安藤優子アナのディレクターへのパワハラなのではというコメントもあるようです。

本当に熱中症の症状であればパワハラの可能性もありますが真相はよくわかりません。

ネットの反応

ネットでは安藤優子アナの発言でかなりの炎上状態となっているようです。

ユーチューブなどではこのときの動画がまだあり再生数は数十万回にのぼっております。

報道というものの方法論が問われるのは当然だが、安藤優子アナの日頃の言動を踏まえ彼女自身の個人的人格上の偏りに対する疑念が浮き彫りとなり、そもそもキャスターとしての適格性が問題にされてしかるべきと考えた視聴者が少なくなかったと言うことでしょう。

どれ程暑いのかなんて、誰だってわかる。リポーターが危険になっていることは倉田アナや他の出演者も理解していた。そこまで強引に酷暑の中にさらに立たせようとする、安藤さんの怖さを知った。

これは観てました。私も安藤さんに「え?」と思いました。
そして、あんなに渡月橋に人が居ないならマスクを外してもいいのでは?とも思います。

「炎上」と一言でいうけれど、この件は複数の問題があぶり出されたと思う。

・体調が悪くなったレポーターやディレクターが、敢えて炎天下に帽子もなく画面に映る必要があったのか、避ける判断ができなかったのか
・熱中症の注意喚起をすべきメインキャスターが、画面を通しても明らかに危険な徴候を理解できなかった
・生放送の経験豊富なはずのメインキャスターが、他の出演者による体調不良に対するフォローを理解できなかった

つまるところ、自己アップデートできていない旧来の体質のマスコミやキャスターが、客観的な判断ができずにやらかしてしまった必然の結果でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です