あおり運転の滋賀県41歳医師は誰で名前は?勤務先病院名を特定か【名神高速】

名神高速で車線変更や急減速をした医師が書類送検されました。

書類送検された医師は滋賀県の41歳ということです。

常に冷静さを求められるはずの医師が腹を立ててトラックに対してあおり運転のような行為を繰り返したとのことです。

ネット上でもいまだにこのようなあおり運転があるのかとあきれているような声があります。

感情に任せて運転されたんでは、運転の資格はありません。

感情をコントロールできない人に車の操作などできるはずがない。

滋賀県の41歳医師が名神高速であおり運転

滋賀県の41歳の医師が名神高速であおり運転をした件は下記のように報道されております。

高速道路上で何度も車線変更を繰り返し、あおり運転をする乗用車。車を運転していたのはなんと医師の男性でした。

夜の高速道路。割り込んできた車が急減速。そして、とうとう止まってしまいます。高速道路上で車を止める行為がいかに危険か、私たちは嫌というほど学んだはずです。ところが、ハンドルを握るとなぜか自分の感情をコントロールできなくなる人がいます。トラックの前に車を割り込ませたのは、滋賀県に住む41歳の医師。3月、名神高速道路での出来事です。

発端は、手前のサービスエリアの出口付近。本線に合流してくる車に気付いたトラックの運転手が、安全のため走行車線から追い越し車線に車線を変更。これに腹を立てたのが、追い越し車線を走っていた41歳の医師でした。「進路を妨害された」と感じたと言います。

そして、そのうっぷんを医師は、トラックを追い抜き、急減速を繰り返し、最終的には自分が止まることで行く手を阻む形で晴らそうとします。約6分間、1.6キロにわたって進路変更や急減速、急停止を繰り返した疑いで医師は6日に書類送検されました。

出典:テレ朝ニュース

この滋賀県の41歳の医師はトラックに進路妨害をされたと感じて頭に血が上ったようです。

名神高速上で停止するというかなり悪質な運転をしたということです。

すでに書類送検されておりますが一体どんな医師なのでしょうか。

誰で名前は?

滋賀県のあおり運転で書類送検された41歳の医師とは誰なのでしょうか。

現時点ではこの医師の名前などは公表されておりません。

今後TwitterなどSNSでこの41歳の医師の名前が特定された際には追記しようと思います。

勤務先病院名を特定か

この滋賀県のあおり運転をした41歳の医師の勤務先はどこなのでしょうか。

勤務先病院名なども現時点では未公表です。

ネット上ではこのような冷静さのない医師に診察などして欲しくないなどの書き込みが数多くされているようです。

ネットの反応

合流地点で追い越し車線に移動してくるのはある程度予測できる事だし、仮に腹が立ったとしても高速道路で停止するなんて

こういう人が医師だというのが信じられません。

猛省して欲しいです。

高速道路の追い越し車線で車を停止させれば、
どういう結果を招くか皆、分かっていると思う!
前の車が減速して後方のトラックを停止させようとするなら、前の車にぶつけて、そのまま左路肩に押していって良いと思う!
トラックの馬力なら、それ位出来る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です