【逮捕】大久保呼吸器内科の医師|高齢者を枯らす技術|amazonとキンドル

ALSの女性を安楽死させたとして大久保愉一容疑者と山本直樹容疑者が逮捕されました。

高齢者医療への一般とは違う考え方もあるようで大久保容疑者と山本容疑者は共著もあります。

今回の事件に関しては日本の尊厳死のあり方も問われているようでネット上では賛否両論の意見が多数投稿されております。

今回はこの二人の医師の共著と大久保愉一容疑者の経営している「おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック」に関しての話題です。

大久保呼吸器内科の医師を逮捕

おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニックを経営している大久保愉一容疑者が逮捕された事件は京都新聞がこのように報じております。

全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した京都市の女性に薬物を投与したとして、京都府警が、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕した事件で、大久保容疑者は、厚生労働省の元医系技官として約7年半働いていたことが、関係者らへの取材で23日分かった。

また、医師2人のうち一人は、優生思想的な主張を繰り返し、安楽死法制化にたびたび言及していた。

関係者によると、女性は2011年ごろにALSを発症。声を出したり手足を動かすことができない状態だったが、意識は清明で、メールをやりとりすることは可能だった。障害福祉サービス「重度訪問介護」を利用して1日24時間、ヘルパーから生活全般のケアを受けながら1人で暮らしていた。

出典:京都新聞

この医師のうちどちらかは優生思想を持っているようでたびたびその意見をネット上などで表していたようです。

このALSの京都府の51歳の女性とはSNSなどで知り合い連絡を取り合うようになり、今回の事件に至ったようです。

大久保愉一容疑者と山本直樹容疑者は共通の考え方を持っていたようで二人での共著などもありその関係性も注目されております。

高齢者を枯らす技術|共著がamazonとキンドル

大久保愉一容疑者と山本直樹容疑者は共著がありますが一般の書籍としてはないようです。

アマゾンなどの電子書籍で購入して読むことができるようです。

その二人の共著の題名が「扱いに困った高齢者を「枯らす」技術: 誰も教えなかった、病院での枯らし方」が金ドルなどの電子書籍で販売されております。

通常の書店などの販売店や書店では扱いが無いようなので大手のネット通販業者での購入となります。

Twitterの反応

Twitter上ではこの山本直樹容疑者と大久保愉一容疑者に対して批判的な意見があります。

しかし、安楽死に関しては一概に今回の事件を非難するばかりのコメントだけではないようです。

今後の法制化などにも影響を与えそうな事件となったことは間違いないようです。

善人ばかりではないのが現実。

ギャンブルはまだわかるけど、認知症に関しては本人だってなりたくてなってる訳じゃない病気ですよね。

ALSという病気をよく知っていますが、かなり過酷ですよ。
24時間指一本動かせない、声も出せない、治療法はない。

実際に医療現場に立ったら分かる。世の中生きているだけで害にしかならない人の存在や、それを多額の税金を使って延命させる事の虚しさ。綺麗事が言えるのは現場を見た事が無いから。

これはダメだ。
同情の余地はないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です