石狩住建工房の代表(社長)は誰?詐欺と評判とは【FLASH】

お笑いの兼近大樹さんの父親の工務店が裁判になっているとFLASHが報道しております。

兼近さんのお父さんが経営しているのが「石狩住建工房」と言う会社で裁判で係争中ということです。

FLASHで報じられたことに関してTwitterでは様々なコメントが兼近さんとその関係者にされているようです。

母子家庭のイメージがあるけど。

確かに息子とは関係はない。裁判ではっきりと答えを出して息子の足を引っ張らない様にしてもらいたい。でも2階建てを3階建てって言うのは適当な人なのかなって思っちゃいました。

今回の石狩住建工房の件では現在裁判となっており双方どちらの言い分が正しいのか争っている最中です。

今回は兼近さんの父親の経営する工務店の「石狩住建工房」に関して取り上げます。

石狩住建工房が詐欺で裁判?FLASH

FLASHの報道では兼近さんの父親が経営している「石狩住建工房」での契約や工事に関して裁判になっているということです。

いま、“兼近” といえば兼近大樹(29)だ。“ネオチャラ” 芸人として大ブレイク中のお笑いコンビ・EXITのボケ担当で、その父・勇治氏が札幌市で営むのが「石狩住建工房」。そんな勇治氏が請け負ったリフォーム工事が、いま裁判沙汰に発展しているという。

「現場に私たちが別の業者を呼んだので、『(勇治氏が雇った)職人が腹を立てて引き上げてしまった』と言いだしたんです。こっちは兼近さんに頼んでいるのだから、別の業者なんて呼ぶわけがないじゃないですか」(Aさん)

 結局、勇治氏はAさんに「弁護士から連絡させるから待っているように」と言ってきたきり、連絡を絶ったという。

工事を途中で投げ出したというのは、事実とはまったく違います。Aさんが “ここも、あそこも改造してほしい” というので、予算が足りなくなったんです。

 あの家は3階建てで、上から工事していくと1階だけ残ってしまった。だから、『90万円を追加してほしい』と言ったんです。そうしたらAさんが、頼んでいないことを僕が勝手にやったと言いだして、話が平行線になってしまった。それだけです」

 

だがAさんによれば、勇治氏から実際に追加で請求されたのは90万円ではなく、200万~300万円。そのやりとりは、LINEのメッセージにも残っている。

 結局Aさんは、2019年10月に別のリフォーム業者と契約し直し、2020年2月に工事は完了したが、まだ新居に引っ越せていない。「そもそも、うちは2階建てですよ。思い込みで話す人なんでしょうか」と首を傾げる。

出典:FLASH

FLASHの報道に拠れば兼近さんの父親が経営する「石狩住建工房」の請け負った仕事が発注者の意向とはかなり違う形になり支払いの金銭的なトラブルにも発展したということです。

双方の言い分がかなり異なっている印象です。

ネット上では「石狩住建工房 詐欺」などの言葉も出てきますが真相ははっきりしておりません。

この住宅のリフォームでのいい分の異なる点はやはり裁判で決着をつけるしかないようです。

代表(社長)は誰?

この裁判になっている「石狩住建工房」の社長で経営者は誰なのでしょうか。

つまりFLASHの報道では兼近さんの父親でもある人物です。

石狩住建工房の経営者は兼近勇治さんという方でクワガタを熱心に飼っているとの情報もあります。

評判は

石狩住建工房」やその経営者の兼近勇治社長の評判はどのようなものなのでしょうか。

口コミサイトやレビューなどがありましたがあまりいいものとはいいがたい評判がどうやらあるようです。

口コミなどはあくまでその人個人の感想なので客観的な指標に基づくものではないのでこの評判なども本当のところは断定はなかなかできないという感じです。

ツイートなど

現在石狩住建工房の経営者の兼近勇治さんは裁判で争っております。

FLASHの文面だけ見ると勇治さんが一方的に悪い感じになっておりますが双方いい分があるので裁判の中で明らかになるでしょう。

裁判沙汰になっているなら、どちらが正しいか判断されてない時点で、この記事は誹謗中傷になるのでは??一方の話しか聞かないのは記者として、ライターとして失格。

実際、リフォーム工事は難しい!お客さんがある有名な〇〇リという家具店でシステムキッチンを購入して「取り付けをお願いしたい」と依頼があり、取りかかりましたがお客さんは仕事が忙しい人で大した打ち合わせも出来ず、言われた通り施工したのですが納入されてきた器具は寸法が違うため思った通りの仕上がりにはなりませんでした。

明らかにお客さんのミスのため問題にはされませんでしたが、業者としては「せっかくのことなのに残念!」という感じ、やはり打ち合わせはしっかりしてからの着工をお勧めします!工事が始まってからの変更は絶対にしてはいけません!いろいろ無理や無駄が出てくるし、良いものは出来ません!納得いかないなら納得できるまで着工しないことです!

片方の話だけ聞いて判断するのは時期尚早だよ。
一応、兼近側の話も少しはあるが情報量が乏しい。
一方の話を聞いて兼近が悪い!と叩くのはただ叩きたい奴なんだろう。もしかしたらAさん側が話を持ってるのかもしれないし、本当のことを言ってるのかも知れない。
それはキチッと裁判なりで判明するんだから、こんな乏しい週刊誌の情報だけで叩くのは間違い。

リフォーム業者です。初めに全額支払ってください。というのはまずありえません。いえ、100%ないです。そこで支払う前にストップしないとだめです。少額の工事なら工事完了後にお支払い。大きな工事なら着工、中間、完工という形になります。私も直のお客様と契約、工事をしていますので、迷惑です。大手ではない私どものような小さな会社はただでさえ直契約も大変なのに、こういうことをされると信用を無くします。どう見ても自転車操業。

引用:http://differ-space.com/:石狩住建工房ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です