久高幸枝が死去|死因は脳血管疾患の病気?【闘牛女子】

写真集の「闘牛女子」などを撮ったカメラマンの久高幸枝さんが死去いたしました。

享年46歳での訃報ということで沖縄の関係者のみならず全国のファンからは驚きの声が起きております。

今この記事を見て本当に驚いています

聞いた
驚きました。
非常に残念です。

40代という若さで死去した久高さんに関してはショックを受けている方が多いようです。

今回は写真家の久高幸枝さんの訃報に関して取り上げます。

久高幸枝が死去

闘牛カメラマンとして活躍していた久高幸枝さんの死去は沖縄タイムスがこのように報じております。

闘牛カメラマンとして活躍し、写真集「闘牛女子。」や闘牛カレンダーなどを刊行した久高幸枝(くだか・ゆきえ)さんが29日、うるま市内で死去した。46歳。

うるま市石川出身。告別式は1日午後1時から1時45分、うるま市兼箇段93、JA虹のホールうるまで。喪主は父唯志(ただし)さん。

出典:沖縄タイムス

久高幸恵さんは闘牛に幼いころから親しんでおり自然な流れで興味を持ったとのことです。

小学生の時には写真などを撮り地元では評価を受けていたようです。

46歳というあまりにも早すぎる死去で関係者はショックを受けているようです。

死因は脳血管疾患の病気?

久高幸枝さんの死因は何だったのでしょうか。

沖縄タイムスなどの大手の報道機関では久高さんの死因に関しては何も触れられておりません。

Twitterなどの情報によると以前から脳血管の疾患があったというような書き込みがありました。

本当に乗血管疾患の病気を患っていたのかの確証がまだないので死因に関しては今後の新情報があればこちらに追記しようと思います。

闘牛女子

久高幸枝さんは闘牛女子として小学生のことから有名な人物でした。

代々続く「牛カラヤー」(牛飼い)一家の長女で、小学5年生から闘牛の写真を撮り始めた。「闘牛女子」として親しまれ、写真展を精力的に開催。

県闘牛組合連合会の広報担当も務めた。牛と共に老人福祉施設を訪問するなど、沖縄の闘牛文化の発展に尽力した。

闘牛文化を伝えるために写真集を発行したり新聞社にコラムを寄稿したり精力的に活動をしておりました。

40代半ばでの死去ということで本当に地元の沖縄県の方のみならず悲しんでいる方が大勢いるとのことです。

今後も闘牛の文化を受け継いで情報発信をしてくれる方がいるといいのだがなどのコメントもあります。

訃報へのネットの反応

久高幸枝さんの訃報はそのあまりにも早すぎる死去で悲しみのコメントであふれております。

これからもどんどん活躍していくと思われていただけに久高さんの関係者は本当にショックを受けているようです。

生前某店舗で一緒に仕事していました
明るく元気な方で闘牛について語るとき
目がキラキラ輝いていたのが
印象的でした

一昨年の産業まつりで会ったのが
最後になってしまいましあ
あまりにも若すぎます
残念です

癌か?

御冥福をお祈りします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です