西村和平市長の学歴経歴は?加西市のコロナ給付金10万円寄付

兵庫県加西市がコロナ給付金として政府が国民全員に配布するお金を寄付する前提で予算を組んでいることがわかりました。

西村和平市長は寄付は強制ではないと言っておりますが予算の組み方が加西市の職員全員からの寄付があったことが前提のものとなっており波紋を広げております。

市ではあくまで任意としておりますがこのような予算の組み方をされた職員はコロナ給付金の10万円を寄付するように強要されているように感じるなどのコメントもあるようです。

今回はこの加西市の西村市長とコロナ給付金の10万円を使用した予算などに関しての話題です。

加西市のコロナ給付金10万円寄付

加西市のコロナ給付金の10万円の寄付前提の予算に関しては朝日新聞がこのように報じております。

兵庫県加西市が新型コロナウイルス対策の財源として、正規の全職員(約600人)から10万円ずつを寄付形式で集めることを想定した予算を組んだ。

全国すべての人に一律10万円を配る「特別定額給付金」をあてこんだ取り組みで、市は任意とするが、職員から「半強制的な寄付だ」と反発の声が出ている。

加西市は5月11日、新型コロナ対応の生活支援や経済対策などに使う「みんなで支え合う新型コロナウイルス感染症対策基金」を新設する議案や、補正予算案を臨時市議会に提出した。

西村和平(かずひら)市長は4月末以降、「このような苦しい時こそ、加西市が一丸となって対応していくことが求められている」などとして、全職員に「ぜひ基金への寄付を」と呼びかけてきた。

 西村市長は取材に「寄付は強制ではない」とした。ただ、計上された金額(6千万円)はほぼ全職員が寄付に応じた場合と同額に設定されているほか、市は6月の期末手当から天引きできる方法を職員に提示。

出典:朝日新聞

確かに加西市の職員は新型コロナ感染により所得が激減した方はいないとは思いますが給付された10万円を手当から強制的に天引きする方法を考えているとのことで職員の不満があるようです。

厳然とした寄付の形で10万円の拠出を求めるのなら話は分かるが手当から自動的に差し引くのはどうかなどのツイートもあるようです。

広島県でも同様の騒動があり話題となりましたがなぜまた同じような形で実施しようとするのでしょうか。

完全に寄付という形を取ればそれなりにコロナ給付金の10万円を出す職員は多いとの指摘もあります。

西村和平市長の学歴は?

このコロナ給付金の10万円の寄付前提の予算を組んだ兵庫県加西市の西村和平市長はどのような学歴なのでしょうか。

西村市長の学歴は次のようになります。

加西市立九会小学校、加西市立加西中学校、兵庫県立北条高等学校卒業。1979年(昭和54年)3月、神戸大学法学部卒業。

名門の神戸大学法学部が出身大学ということです。

ずっと兵庫県で学ばれたのが西村市長ということになります。

経歴

西村和平市長の経歴はどのようなものなのでしょうか。

wikiに情報がありますので引用されていただきます。

西村市長が神戸大学を出たあとは加西市役所に採用されます。

そして約30年間加西市役所に勤務し2010年に退職し翌年行われた加西市長選に出馬し当選しております。

現在市長は3期目で市政を知り尽くした市長として活動しているとの評価です。

今回のコロナ給付金の10万円の寄付騒動には賛否両論があるようです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E5%92%8C%E5%B9%B3

ネットの反応

医療従事者や教育関係に予算をつけるなら理解できます。

これやべーな

広島県がそれやろうとして批判食らって即日撤回したのを知らんわけではなかろうに…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です