週刊文春:エムズクリエのM氏は誰で実名は?泉進会にキックバックと幽霊会社の真相は?

小泉進次郎環境大臣の資金管理団体の「泉進会」や自民党の神奈川支部に不透明な資金の流れがあると週間文春が報道しております。

実体のない会社に4千万円以上のお金が流れているとのことで注目度も高い報道になっているようです。

今回はこの不透明な資金の流れ先とされている「エムズクリエ」とM氏に関して取り上げてみようと思います。

週刊文春:エムズクリエのM氏は誰で実名&幽霊会社?

週刊文春は今回のエムズクリエなどに関してこのように報じております。


小泉進次郎環境相(38)の資金管理団体「泉進会」および、小泉氏が代表をつとめる「自由民主党神奈川県第11選挙区支部」から4300万円以上の政治資金が、実態のない“幽霊会社”に支出されていることが「週刊文春」の取材でわかった。

税金を原資とする政党交付金も支出されており、小泉環境相の説明が求められそうだ。

「泉進会」と「第11選挙区支部」の政治資金収支報告書を「週刊文春」が調査したところ、両団体からエムズクリエ(以下エムズ社)に対し、 2012年から2018年までで ポスター代や印刷代などの名目として約4300万円が支出されていた。

小泉氏のポスターに〈印刷者〉として記載されているエムズ社の住所は、千葉県野田市。「週刊文春」取材班がこの住所を訪れると、そこには一軒家が建っていた。

エムズ社の表札などはなく、世帯主としてM氏の名前が掲げられているだけ。

周辺にも印刷工場はなかった。地方法務局に問い合わせたが、エムズ社の法人登記はされていなかった。

M氏の知人によると、「M氏は長年B社という老舗の印刷会社に勤める営業マン。

永田町担当でしたが、すでに退職している」という。

B社の社長が取材に応じ、次のように答えた、

「元々ウチは純一郎さんの代から小泉事務所と取引していました。

そのときからMは小泉事務所の担当でした。エムズ社の名前は聞いたことはないが、そもそもBは営業担当だからポスターのデザインや製作なんてできない」
出典:週刊文春デジタル

週刊文春の報道によると実態があるとはいえないような状況のようです。

エムズクリエの住所にはM氏の自宅があるようでそこは千葉県の野田市にあるとのことです。

印刷所らしきものもなく事務所として野田市の住所の建物は使われているのでしょうか。

しかし、文春砲の取材によるとM氏は営業マンとして仕事をしていて印刷の実務面は担当をしていなかったようなのです。

多額の資金の流れの真相はよくわからなくなってきましたが今後の文春デジタルなどの報道に注目していかなければならないでしょう。

泉進会にキックバックの真相は?

文春の記者はこの疑惑の張本人のM氏に直撃で取材しているようです。

キックバックのことも単刀直入に質問しているようですが、その答えはしていないとのことのようです。

キックバックは現時点では確認できないというのが現時点での最終結論なのかもしれません。

今後キックバックなどがあればすぐに報道にのるでしょう。

真相はまだ闇の中なのでむやみに報道を信じることなどなく冷静に自分でファクトを考えるのがいいようです。

M氏と純一郎氏との関係は?

エムズクリエやM氏との関係は進次郎氏が当選する前からの関係のようです。

つまり純一郎氏のころからの付き合いのようです。

しかし、進次郎氏も当選を重ねて年数も経ちますし現役の大臣ということで金銭面には気を使っているはずです。

なぜ今になってこのような政治資金なども含む不明朗な資金の報道などが出てくるのか不思議だというネット上のコメントなどもあります。

もしかすると先代の秘書官や金庫番にまでさかのぼらないと真相はわからないのかもしれません。

ネットの反応

真実が知りたい

先代から受け継いでいただけ?

資金の流れを解明するべき

最近いいニューうがないな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です