富井走一被告(野沢温泉村村議会議員)を住居侵入で起訴!学歴(経歴と)放火や器物損壊の現場はどこで自宅住所判明か?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

野沢温泉村の村議会議員が住居侵入して火をつけたとして起訴されました。

富井走一被告67歳は4期目をつとめているところでした。

議員の不祥事が続いておりますがまた起きてしまったかという感が拭えません。

今回は野沢温泉村の議員が起こした事件について書いてみます。

富井走一被告(野沢温泉村村議会議員)を住居侵入で起訴!

SBC信越放送によると以下のように報じられております。

住宅の物置に侵入し、タイヤに火をつけたとして野沢温泉村の村議会議員が逮捕された事件で、検察は住居侵入の罪で村議会議員の男を起訴しました。

起訴されたのは野沢温泉村豊郷の村議会議員・富井走一被告67歳です。

起訴状によりますと、富井被告は2016年9月、自宅近くの住宅の物置に侵入したとされています。

富井被告はこの物置にあったタイヤ4本に火を付けて燃やした器物損壊の疑いで逮捕・送検されました。

検察は器物損壊の罪については処分を保留し、理由を明らかにしていませんが、捜査は続けるとしています。
出典:SBC信越放送

7月に行われた協議会において富井被告は身に覚えがなとして住居侵入や器物損壊を否定しておりました。

そんな中検察当局は富井被告を起訴したということは重大な意味を持っていると考えられます。

逮捕送検された容疑は住居侵入で、火を放った点については今後の捜査にゆだねるということです。

不審火が9年ほど前から続いていたということですが予断を持たないで慎重に確実に捜査をしていってもらいたいものです。

学歴(経歴と)放火や器物損壊の現場はどこで自宅住所判明か?

富井走一被告被告の学歴を調査してみましたがどこにも出ておりませんでした。

FacebookやTwitterなどもやっておらずプライベートなことはほとんど公表されておりません。

経歴は2001年に野沢温泉村の村議会議員選挙で初当選して連続4期の当選実績があります。

直言居士のイメージで村長など首長からも一目置かれるような存在だと噂されておりました。

自宅住所は野沢温泉村豊郷というところまでは判明しております。
放火や器物損壊の現場も近くだったのではないかという推測が可能です。

野沢温泉スキー場もあるのどかな村でこのような事件が発生して住民には驚きが広がっています。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

器物損壊ではなくこの方の罪は重罪の放火だろ!

どうしたらこんなおかしな事件起こす
公務員がでるのか?
まともなんだろうか、疑うよ。

議員の不祥事が多くて呆れます

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です