高橋純子(朝日新聞)の出身大学=学歴や経歴は?韓国とは

朝日新聞の高橋純子記者をデイリー新潮は取り上げております。

この高橋記者は現在朝日新聞の編集委員で論説委員もしているそうです。

過去には話題となるような執筆もしておりいろいろな波紋も広げたこともあるそうです。

高橋純子記者はTwitter上でも話題となっております。

読まれないより読まれた方がいいってさ。

放っとけ

ツイートでは批判的な投稿が多いのですが今回はこの朝日新聞の女性記者の高橋純子氏に関して取り上げようと思います。

高橋純子(朝日新聞)の出身大学=学歴は?

高橋純子朝日新聞記者に関してはデイリー新潮がこのように記事にしております。

朝日新聞編集委員の高橋純子氏。4年前の政治部次長時代にも、彼女は〈だまってトイレをつまらせろ〉と題した安倍政権批判のコラムを書き、新聞記事として意味不明だと巷を騒がせた“前科”を持つ。

で、4月22日付の朝刊コラム「多事奏論」は、こんな書き出しで始まった。

〈眠い。この3日間で5時間ほどしか寝ておらず、目下、片目ずつしか開けていられないという未体験ゾーンに突入している〉

 さすが夜討ち朝駆けが当たり前の記者ならば、多忙を極めているのかと思えばさにあらず。読み進めると、要は何もすることがなく、

〈原稿がまったく前に進まない〉

と悩んでいるご様子で、その後も読者不在の独り語りは続く。コラムの中味はお決まりの安倍政権批判を感情的に繰り返すだけ。注目すべきは最後の締め括りの部分で、こう書いた。

〈ひとり鏡の前に立つ午前10時48分。カッコいい中指の立て方を、研究してみる。〉

出典:デイリー新潮

デイリー新潮はなぜこのようなコラムを朝日新聞が載せているのか理由がわからないというような論調です。

以前にも世間を騒がせた記事もあり高橋純子氏の文章に疑問を呈している形です。

Twitterのツイートも高橋氏に批判的なものが多いようです。

この高橋純子記者の学歴はどのようなものなのでしょうか。

出身大学などに関して調べてみると驚くことにどこにも出ておりません。

wikiなどでも不明となっており有名大手新聞社の論説委員の学歴がわからないというのは不思議な話です。

一部で千葉大学や筑波大学の名前も出ておりますがこちらは同姓同名の方の情報のようです。

経歴

高橋純子記者の経歴はどのようなものなのでしょうか。

大学を卒業し1993年に朝日新聞社に入社します。

その後は鹿児島などの支局をまわり月刊「論座」の編集部などを経ております。

そして朝日新聞の論説委員になり記事が朝日新聞に出ていますがたびたび話題となる文章があるようで週刊誌でも取り上げられたりもしています。

2017年には「仕方ない帝国」を出版しております。

韓国とは?

高橋純子論説委員を調べていると「韓国」という言葉が出てきました。

検索すると「高橋純子 韓国」という文字列がありますが韓国とどのような関係があるのでしょうか。

この韓国ということに関しては直接の関係は無いようで、在日や韓国人というのは単なる噂に過ぎないようです。

ネットの反応

論評に値せず

オールドメディアはもう直ぐ消えるぞ。

新聞記者としては

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です