岡田晴恵(白鴎大学)の結婚と旦那:プロフィールwiki出身大学どこでかわいい医師でギャラは?

白鴎大学の岡田晴恵特任教授が連日報道番組に出演しております。

新型のコロナウイルスの解説で感染症や公衆衛生の観点からわかりやすく説明をしております。

テレビに出ずっぱりの日もあり過労なのでないかとの指摘さえあります。

今朝の番組で春休みだから出演できてるってことは言ってましたね。また現在は全ての講演をキャンセルしたそうです。人が集まる状況を作らないようにするためだと言ってました。

専門分野的に知らんがなと言いたいような質問も、テレビでされたら何かしら答えないといけないし。これは気の毒なほど引っ張り回されている。

ツイートも岡田さんがお疲れなのではないかとの意見が多いようです。

権威一人だけに説明ばかりさせるよりも複数のいろいろな方の意見を拝聴したいとのコメントもあるようです。

今回は白鴎大学の岡田晴恵特任教授に関して取り上げます。

岡田晴恵(白鴎大学)の結婚と旦那

岡田晴恵さんの新型コロナ官界の活動はデイリー新潮が以下のように報じております。

今や新型コロナウイルスの報道で、この人の顔を見ない日はない。

白鴎大学の岡田晴恵特任教授(57)である。彼女の専門は感染症学、公衆衛生学で、厚生労働省の国立感染症研究所でウイルス第三部研究員を務めた経験もあることから、連日引っ張りだこになっているというわけである。

岡田教授は、ぽっちゃりしていてお母さんみたいで癒やされる、と茶の間ではなかなか好評のようだ。ニュースやワイドショーだけでなく、バラエティにも出演。


岡田教授は、共立薬科大学を出た医学博士である。厚生労働省国立感染症研究所ウイルス第三部研究員、(社)日本経済団体連合会21世紀政策研究所シニア・アソシエイトを経て、現在は白鴎大学教育学部特任教授の肩書きを持つ。

コロナウイルスが下火になるまで、今後もテレビ出演は続くと見られる。くれぐれも自身の健康管理には気を付けていただきたい。

出典:デイリー新潮

コロナウイルスの感染がまだまだつづくと見られておりしばらくは報道番組で顔を拝見する日が続くようです。

一刻も早い新型肺炎の収束を願っているのですがまだしばらくは感染の拡大が継続しそうです。

そんな岡田晴恵さんですが結婚して旦那さんつまり夫や家族はいるのでしょうか。

ネットなどの情報を探してみましたが結婚相手の旦那の情報や子供がいるかどうかに関しても何も書かれてはいませんでした。

年齢とその雰囲気から結婚はしていてもおかしくないとの噂もあるようですが旦那の具体的な情報はどこにもありませんでした。

もしかすると独身なのかもしれません。

プロフィールwiki情報で出身大学どこ

岡田特任教授の学歴や出身大学はどこなのでしょうか。

共立薬科大学大学院薬学研究科と順天堂大学大学院医学研究科後期中退が岡田特任教授の最終学歴のようです。

感染症学や公衆衛生学が専門ですがなんと児童文学も専門としてお持ちのようです。

かわいい医師でギャラは?

岡田晴恵特任教授を検索していると「かわいい」という文字が出てきました。

女性芸能人を調べているとたまに「かわいい」という文字が出てきたりもするのですが大学の教授でこの文字が出てくくるのは珍しい出来事です。

ネット上ではコロコロしていてかわいいなどのコメントなどがあるようで、それらの書き込みからかわいいの文字と岡田晴恵特任教授が関連付けられているのかもしれません。

岡田特任教授は医師ではありません。

この医師という単語も岡田氏を検索するときに提案されるワードですが医師免許は無いようです。

岡田教授の気になるギャラですが一回の出演で5万円くらいのようです。

1日で5件の番組をはしごすることもあるのでそういう日は日給25万円ということになるようです。

すごいですね。

ネットの反応

厚生労働省の告知の方法に批判的な方もいるようです。

岡田晴恵特任教授のわかりやすい解説のようにきちんと新型コロナウイルスの情報を出してほしいという意見も多いようです。

岡田さんが過労なくらい働いていて免疫力が下がっているのではなどの心配の声もありました。

この人の解説や忠告にはなるほどと頷いてテレビ見られるが、今月初め頃ワイドショーに出ていたその筋の権威という肩書一杯の医学部教授が笑顔で「武漢と違って日本の高度で整っている医療体制のもとでは重症化のリスクも少なく感染もコントロールできる。コロナウイルスはインフルエンザより安心。2月3月がピークで後は収まると予想される」と笑顔で解説していた。MCも他の出演者も「なるほど、それが正しく怖がるということなんですね」と同調したコメントで30分以上盛りあげていた。

岡田さんが早い時期から心配の声を上げていたのに、ネット民は岡田さんをディスり、不安を煽るなとか散々な言いようだったけど、結果、彼女の方が正しかったんじゃないですかね。ピークの山を低くしないといけないと何度も声を上げておられるので、結果的にピークの山が低くなって感染者数が少なくなったとしてもそれで批判されない事を望みます。

岡田先生の見解がもっとも信頼できると思う。
現実が、彼女の予測通りになってきていることが何よりの証拠。

感染症に対する正確な情報発信は、厚労省のお仕事。
これだけマスコミが大騒ぎして、国民の不安感は日に日に増しているのに、情報発信はHP掲載や各県への通知のみ。
厚労省広報力のなさは怠慢に近いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です