【俳優】今村文美が死去:死因は精神科の病気?娘と家族の現在と前進座

俳優の今村文美さんが20日に死去したとのニュースが入ってきました。

前進座で活躍され歌舞伎作品でもヒロイン役をたくさん演じてきた実力派の俳優さんが逝去し関係者には驚きが広がっております。

享年61歳ということで早すぎる死去に戸惑いを覚える俳優界の知人も多いようです。

今回は俳優で活躍した今村文美さんの死去などに関して取り上げます。

俳優の今村文美が死去

俳優の今村文美さんが死去した報道は日刊スポーツなど各紙が行っております。

女優今村文美(いまむら・あやみ、本名宮城文美=みやぎ・あやみ)さんが20日午前1時ごろ、自宅で亡くなった。

23日に劇団前進座が発表した。61歳だった。

通夜は26日午後6時、告別式は27日午前11時に東京・杉並区上荻の光明院で営まれる。

今村さんは前進座創立期のメンバー藤川八蔵の孫で、兄は藤川矢之輔。

1965年「五重塔」で初舞台。79年に前進座に入座し、現代劇、時代劇をはじめ、歌舞伎作品でも数々のヒロインを演じた。

14日千秋楽の「柳橋物語」のおせん役が最後の舞台となった。

出典:日刊スポーツ

今月14日の舞台まで活動されていてその後自宅で死去したとのことで一部では事故のウワサもあるようです。

しかし、死因に関してはまだ情報が錯綜しており何らかの急性の病気なのではと推測しているような情報もありますが確定はできておりません。

死因は精神科の病気?

今村文美さんのことを調べると「精神科」などの文言が画面上に出てきます。

もしかすると今村さんは精神科に通うような何らかの病気にでもなっていたのでしょうか。

しかし、これはよく調べてみると精神科医の同姓同名の方の氏名でした。

したがって今村さんが精神関係の病気になっていたというわけではないようです。

本人のツイッターなどを見る限り病気ではなさそうですが逝去された原因は今のところ不明です。

娘と家族の現在

今村文美さんは俳優一家に生まれております。

祖父が前進座の創設者の歌舞伎俳優藤川八蔵さんでおばには いまむらいずみさんがいます。

さらに実兄には藤川矢之輔さんがいて夫も山崎辰三郎さんということで家族のほとんどが演劇などと関係の深い職業についております。

今村文美さんと山崎辰三郎さんとの間に娘さんがいるような話がありますが現時点で詳細が確認できておりません。

娘さんなどの家族などの情報が確認できれば追加でアップしていきたいと思います。

もし娘などお子さんがいれば俳優などの職業に就く可能性が高いと思われます。

又は裏方やマネジメント方面に進む可能性もありますので調査をしたいと思います。

前進座とのかかわり

前進座の創設が実の祖父ということでサラブレッドとして俳優をしてこられました。

今村文美さんは前進座の舞台で重要な役回りや主役をたくさんこなし「夢千代日記」では夢千代の役で高い評価を受けました。

歌舞伎が再評価される今現在、60代という年齢で死去した今村さんも無念だったに違いないだろうとTwitterなどではコメントされております。

今後の前進座の飛躍を期待するようなコメントも多いようです。

ネットの反応

61歳で亡くなるなんて

早すぎます

芸能一家だったんですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です