【死因は肺がん】ハーリーレイス(アメリカ人プロレスラー)が死去 引退から現在までは何してた?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

ミスタープロレスと呼ばれたハーリーレイスさんが死去しました。

肺がんからの合併症で76歳でした。

日本でもたくさん試合をして日本人のファンもたくさんいました。

そんなハーリー・レイスさんの突然の訃報に、日本でも悲しむ声がたくさん聞こえてきます。

【死因は肺がん】ハーリーレイス(アメリカ人プロレスラー)が死去

今回の訃報について日刊スポーツなどは以下のように報じています。

「ミスタープロレス」「ミスターNWA」と呼ばれたハーリー・レイスさんが1日(日本時間2日)、肺がんによる合併症のために死去した。76歳だった。同日、WWEなどが発表した。3月に肺がんを告白し、先月にはイベント出席の移動中に病状が悪化して入院していたという。

60年代から本格的にプロレス界に進出したレイスさんは68年2月、日本プロレスで初来日。ディック・ザ・ブルーザーと組み、ジャイアント馬場、アントニオ猪木組が保持したインターナショナル・タッグ王座に挑戦した。70年にも猪木、吉村道明組が保持したアジアタッグにも挑戦。72年には坂口征二のUNヘビー級王座にも挑戦した。

73年にドリー・ファンクJr.を下し、NWA世界ヘビー級王座を獲得。同年から全日本プロレスを主戦場とし、馬場、ジャンボ鶴田、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ミル・マスカラスを挑戦者に迎え、防衛戦も行った。またWWEの前身WWF王者とのダブルタイトル戦にも臨んだ。また82年には鶴田を下し、UNヘビー級王座、馬場からPWFヘビー級王座を奪取していた。

83年にはリック・フレアーを下し、7度目のNWA王座を獲得。80年代初頭までNWAの象徴として存在感を示し、通算8回のNWA王座獲得もあってNWAベルトは通称「レイスモデル」と言われ、本人が所持していた。

出典:日刊スポーツ

具体的な死因については肺がんに伴う合併症ということです。

アメリカ人プロレスラーが日本で試合をするパイオニアとしての存在感がありました。

引退から現在までは何してた?

現役時代は日本でもアントニオ猪木やジャイアント馬場など有名人とたくさん試合をしてきました。

1995年に現役を引退して、プロレス団体である「WLW」を主宰していました。

2010年からはプロレスリング・ノアの管理委員長になっておりました。

2013年委はノアの有明での大海で立会人を務めるなど精力的に活動されていました。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

レイスとフレアーはミスターNWA。この時代に彼らの試合を見る事ができた事を幸せに思います。

また、名レスラーの訃報が...
小学生の時、全日本プロの中継で、よく見てました。
自分にとって、NWAと言ったらレイスか、フレアー。
圧倒的な力がある訳ではないんだけど、うまいだよなぁ。

子供の頃は華やかな外国人のスター選手が多い全日をよく観てたけど、まさにMr.プロレス。
個人的にNWA世界王者といえばレイスさんやったな。

高田純次が馬場vsレイスの試合を見て「テレビが壊れてるんじゃないかと思って、日本テレビに電話した」と言っていたネタがあったが、確かにものすごくスローなプロレスだった。
ただ、その分アメリカライクで「分かりやすい」プロレスだったと思う。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です