松山市で愛媛県警が誤認逮捕(ドラレコ事件) 自白強要した警察官の名前は?手記で謝罪を求める弁護士の氏名

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

愛媛県松山市で20代の女子大学生が誤認逮捕されるという信じられないような事件が起きました。

この女性は一貫して身に覚えがないとして否認していました。

警察官からいろんなことを言われて心理的にもかなりのプレッシャーだったと想像できます。

今回はこちらの事件を取り上げてみたいと思います。

松山市で愛媛県警が誤認逮捕(ドラレコ事件)

今回の事件はNHKなどが以下のように報じています。

松山市でタクシーから売上金など5万円余りを盗んだ疑いで今月、逮捕され2日後に釈放された20代の女性について、警察は事件とは無関係で誤認逮捕だったとして、女性に謝罪したことを明らかにしました。

愛媛県警察本部によりますと、ことし1月、松山市清水町の路上でタクシーの中から売上金などおよそ5万4000円やセカンドバッグなどが盗まれる事件がありました。

松山東警察署は今月8日、タクシーのドライブレコーダーや防犯カメラの映像をもとに20代の女性を窃盗の疑いで逮捕しました。

女性は、「身に覚えがない」と容疑を否認し、裁判所が勾留を認めなかったため女性は2日後に釈放されました。

警察はその後も、任意で捜査を進めていました。

女性と同じアパートに住む別の女が、「ドライブレコーダーに写っているのは自分だ」と供述したことなどから、釈放された女性は事件とは無関係で、誤認逮捕だったと判断し22日女性に謝罪したということです。

県警察本部刑事部の三井純一参事官は「極めて遺憾で、ご本人はもとより、ご家族、関係者の皆様にも心からおわび申し上げます。

このようなことが二度とないよう、再発防止に向けて指導します」と話しています。

出典:NHK

愛媛県の松山県警が22歳の女子大生を誤って逮捕し勾留していました。

日本では逮捕イコール有罪という暗黙の図式があるので逮捕される、というのはかなりのインパクトがあったはずです。

今回はドラレコにうつっていた姿が似ていたというのが逮捕の決め手になったようです。

現代でそのようなことが起きるというのはちょっと信じられない感じです。

きちんと無罪を主張していたこの女性は精神力が強かったのでしょう。

一歩間違えればえんざいになってしまう可能性さえありました。

自白強要した警察官の名前は?

今回捜査した愛媛県警の警察官などの情報などは気になりますよね。

しかし、捜査関係者の個人情報は公開されないことになっているようで調べてもほとんどわかりませんでした。

唯一今回のドラレコ女子大生誤認逮捕事件で出てくる名前は県警察本部刑事部の三井純一参事官で、事件の当事者というよりも上司にあたる方です。

こちらの方が会見で謝罪もしたということです。

手記で謝罪を求める弁護士の氏名

女子大学生の弁護士が会見で手記を読み上げていました。

自白を強要されたとのことです。

現在国家賠償請求を検討しているとのことです。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

尋問するなら、録画録音すればっていいのに

二日後に釈放する程度の証拠しかない人間を犯人と実名で報道しちゃったの?そして謝罪だけで誰も責任取らないと

誤認であることを認め、誠実に謝っていないことが大きな問題。非を認めることは大事なことです。

顔が似てるってだけの逮捕。信じられる?

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です