萩尾望都(文化功労者)はの結婚と子供は?BL漫画家の評判とプロフィールは?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

漫画家の萩尾望都さんが令和元年の文化功労者に選ばれました。

「11人いる!」などの代表作がありBL漫画家としても活動をしてきましたが今回の受賞となり関係者は一様に喜びの表情を浮かべております。

萩尾さんは他にも「ポーの一族」や「トーマの心臓」などの代表作があり大人気の漫画家です。

今回は萩尾さんの文化功労者の選出に関して取り上げます。

萩尾望都(文化功労者)はの結婚と子供は?

萩尾望都さんが文化功労者に選ばれたことに関しては時事通信などが以下のように報じております。


「ポーの一族」「トーマの心臓」「11人いる!」など、少年たちを主人公とする鮮烈な少女漫画で一世を風靡(ふうび)した漫画家の萩尾望都さん(70)。

SFや社会問題を扱った作品にも取り組み、少女漫画の枠を大きく超えた活動を続けてきた。文化功労者に選ばれ、出版社を通じてコメントを発表した。

 ちょうど漫画家生活50年目となります。読者に、編集に、多くの友人に助けられ、励まされて今があります。

そして、たくさんの漫画界の先輩方。この方々の切り開いた道をたどって来ました。

この仕事を選び、この道をたどることができたことを、うれしく思います。

これからも、同じように歩んでいきたいと思います。
出典:時事通信

萩尾望都さんは現在70歳で漫画家人生は半世紀を超えてきております。

結婚されているのか旦那さんはいるのかなどは情報が一切公開されておりません。

家族情報もなく猫が好きで飼っているという情報はあります。

SNSでは見込んで夫はいないのではないかとの噂もありますが確定的なデータなどはありませんでした。

70歳ということで結婚されていればもうお孫さんなどもいてもおかしくない年齢です。

しかし、結婚相手や旦那さんの話題はほとんどない状態です。

BL漫画家の評判とプロフィールは?

萩尾望都さんは1949年5月12日生まれのO型です。

熊本県の小学校に通い中学は大阪の学校にいきました。

高校からは福岡県で卒業後は日本デザイナー学院に通っておりました。

4人兄弟で幼いころは漫画が禁止の過程で育ちました。

しかし、高校生の頃に手塚治虫の作品に出会い漫画家を目指すようになります。

1969年に東京に移り住み本格的に漫画家の道に進みはじめます。

その後数々のヒット作と受賞歴で一世を風靡いたしました。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

おめでとうございます!

ファンデす。

これからもがんばってください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です