池田まき衆議院議員が陰湿パワハラ?【フライデー】学歴やDV被害者経歴と結婚は?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

北海道選出の立憲民主党の衆議院議員の池田まき代議士のパワハラについてフライデーがスクープしております。

フライデーによりますと池田まき議員は初当選してから2年間のあいだに7人の秘書が辞めているそうですがその原因は陰湿なパワハラだということです。

庶民の味方のイメージの池田議員ですが本当の姿はどのようなものなのでしょうか。

今回は池田議員に関しての情報を取り上げてみようと思います。

池田まき衆議院議員が陰湿パワハラ?【フライデー】

今回のパワハラの報道に関してはFRIDAYが以下のように扱っております。


元秘書が証言する。

「少しでも自分の意に沿わないと、『こんなの小学生でもできる』『私なら5分でできる』と詰(なじ)る。で、もうこの秘書はダメだと判断すると、彼女は無視を始めます。事務所にいても、一切話しかけず、仕事の命令も別の秘書を通して行う。そして、その仕事に対してまた、『こんなこと命令した覚えはない』とやるわけです。

秘書は自分の奴隷とでも思っているようで、パワハラどころじゃない問題発言もありました。政治資金パーティのパーティ券を配るよう命じられたときは、『売れなかった分は自腹で補填してもらう』。ガソリンスタンドで順番待ちしていたときには、『国会議員だから優先しろと交渉してこい』と命じられた秘書もいます」
出典:FRIDAY

フライデーには録音した音声もあるようで確信があって報道しているようです。

陰湿なパワハラと報道しておりますが本人が認めたわけでも警察が動いたわけでもないのでまだ本当にそのような行為があったのかは確認ができい状態です。

今後のフライデーの報道によっては当局が動く可能性もありますので注視していきたいと思います。

学歴やDV被害者経歴と結婚は?

池田まき議員は苦労人でした。

東京都板橋区に生まれ中学校は板橋区立赤塚第二中学を卒業しました。

高校には進学しましたが金銭的な問題から退学し大検取得の道に進みました。

その後北海道に移り住み北海道大学の公共政策大学院に入り政治家を志すようになったと言われております。

結婚はしており子供も2人いますが旦那さんは借金で問題を起こし失踪という経歴をたどっております。

このように苦労した学歴と経歴を持つことから弱者に寄り添うイメージで当選してきましたが今回のフライデーの報道でその印象が揺らぐ可能性もあるようです。

音声データが気になりますが今後の続報に注目していきたいと思います。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

驚くしかない。

もし本当なら

大検パスするって優秀

男運がないのかな…

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です