【死因は肺炎(病気)】和田誠(妻は平野レミ?)が死去 学歴経歴と息子&家族の画像

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

イラストレーターとして活躍していた和田誠さんが死去いたしました。

死因は肺炎ということで東京都内の病院で7日に逝去いたしました。

絵本の挿絵やエッセーなども書いていて、映画監督としてもメガホンをとるなどしておりました。

マルチナ才能を発揮していた和田さんですが今回の死去を受けて各方面から悲しみの声がたくさん聞こえてきます。

今回はこの和田誠氏について取り上げようと思います。

【死因は肺炎(病気)】和田誠(妻は平野レミ?)が死去

今回の和田誠さんの死去についてはNHKなどが以下のように報道しております。

本の表紙や絵本の挿絵など、さまざまなジャンルを手がけたイラストレーターの和田誠さんが今月7日、東京都内の病院で、肺炎のため亡くなりました。83歳でした。

事務所によりますと、和田さんは去年から体調を崩し、自宅で療養していましたが、ことし7月に都内の病院に入院し、今月7日、肺炎のため亡くなったということです。83歳でした。
出典:NHK

和田さんの奥様(妻)は料理研究家でマスコミにもたくさん登場している平野レミさんです。

47年間のあいだ平野レミさんは和田さんに料理をつくっていてその経験から料理研究家としてもテレビなどに登場していました。

学歴経歴と息子&家族の画像

和田誠さんは昭和11年に大阪で誕生いたしました。

高校は東京の東京都立千歳高等学校(現・東京都立芦花高等学校)に進んでおります。

その後多摩美術大学図案科に進学し卒業後は広告制作会社に勤務いたしました。

フリーになって活動し始めたのは昭和43年になってからでした。

有名な作品は数々ありますが初期のころに日本専売公社の『ハイライト』のパッケージなどを手掛けました。

週刊文春の独特な表紙や村上春樹のアフターダークの装丁なども手掛けており日本人ならその作品は必ず目にしているようなイラストレーターでした。

映画監督としては真田広之さんが主演した麻雀放浪記が初めての監督作品でした。

平成元年には『怪盗ルビィ』でブルーリボン賞を受賞しております。

息子の長男はTRICERATOPSの和田唱さんでその妻は上野樹里さんということでやはり音楽や芸能関係に家族の皆さんがかかわっている感じがあります。

次男は現在電通に勤務していて平野レミさんの料理サイトのディレクターを務めているそうです。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

えっあの作品も和田誠氏のものだったのということが多い。

偉大なクリエイターを失ってしまった。

うんこドリルは家族もみんな好きでした。

楽しいイラストをありがとうございました。

奥さんな平野レミさんだと初めて知りました。

ご冥福をお祈りいたします。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です