元豊ノ海(浜田真二)が死去で死因と持病&嫁の顔画像は?

元豊ノ海の浜田真二さんが死去いたしました。

体重が200kgを超えていた現役時代を記憶している相撲ファンも多いようです。

死去した年齢が56歳ということですが50代での訃報は早すぎます。

元豊ノ海の訃報はネット上でも多くの関心を集まているようです。

まだ若いのにお気の毒です。

最近は大型化が増えていると鶴竜親方が話してましたが、相撲も鈍くなり、残りの人生でも病リスク高くなる。どうか健康で現役もその後も過ごして欲しいです。

昭和末期の創設されたばかりの藤島部屋で安芸乃島と共に部屋を支え、当時の若貴兄弟の面倒も見ていた。巨体ではあったが、どこかのんびりとした風貌で穏やかな感じの方だった。

今回は元豊ノ海の死去の原因などに関して取り上げます。

元豊ノ海(浜田真二)が死去

元豊ノ海の浜田真二さんの死去はスポーツ紙だけでなく読売新聞など一般紙でもネット上で速報されております。

大相撲の元幕内豊ノ海の浜田真二(はまだ・しんじ)さんが20日、死去した。56歳。

告別式は28日午前10時、東京都杉並区和田2の14の6東円寺会館。喪主は妻、美香さん。

出典:読売新聞

元豊ノ海の死去は多くの相撲関係者にいろいろな思いを抱かせているようです。

200kgを超える巨漢を生かし相撲を取り続けてきました。

初土俵からの連続出場は歴代でも上位ということですが2002年には引退をしておりました。

突然の豊ノ海の訃報で相撲関係者はあわただしくなっているようです。

それにしても50代での訃報が最近特に多いような気がします。

死因と持病

元豊ノ海の死因は何だったのでしょうか。

具体的な死亡原因は報道はされておりません。

やはり200kgを超える体重だったということで心臓や血管系の持病でもあったのではと思う方も多いようです。

元力士の方では健康を崩す方も多く職業的にも持病を抱えやすいということが言えるようです。

嫁の顔画像は?

元豊ノ海に関しては嫁である美香さんに関しても関心が集まっているようです。

今回の訃報の報道では喪主は妻の美香さんが務めるようです。

ネット上には嫁である美香さんの顔画像などはほとんどないようです。

ネットの反応

ツイッターなどでは元豊ノ海の訃報に驚きを隠せない方も多いようです。

持病などがもともとあったのではなどの意見を持つ方もいるようです。

かつてはアメリカ出身の力士で200kgを超える力士もいましたが日本人で200kgを超えるのは無理があるのではなどの意見もあるようです。

豊ノ海というと、場所の序盤は動き鈍くて勝てないが
場所の後半になると動きが良くなって勝っていく力士だった。
そんなので大勝ちが無かったので、三賞は取れなかったが
幕内で長く活躍した。

若貴時代だった二子山部屋の全盛期だったときに脇役的な存在でしたね、豊ノ海関のご冥福をお祈り致します。

幕内でいくら活躍したとしても56歳で亡くなってしまっては…。死因はわかりませんが現役中は体に負担がかかっていると思いますので引退後、長生きするために徹底した節制が必要ですよね。

私が見ていた時は、貴ノ浜と言う四股名で、入門時の若貴を巨漢で鍛え上げていました。期待していた力士でしたが、四股名を変えてから歯車が狂ってきた印象でした。お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。

身体を大きくする故に、色々病を抱えていたと想像します。合掌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です