【おこさまらんち】炎上のYouTube動画と被害女性は?

ユーチューバーの「おこさまらんち」が炎上しております。

通りすがりの女性に対して、AVに出ていた人だなどと叫ぶというもので動画に対しては大きな批判が起きているようです。

ネット上ではすでに炎上騒ぎとなっており非難の声が続々と書き込まれております。

今回はユーチューバーである「おこさまらんち」の不適切動画の炎上に関して取り上げます。

【おこさまらんち】炎上

ユーチューバーの「おこさまらんち」の炎上はメディアにも複数取り上げられております。

迷惑行為に及ぶ動画を投稿したYouTuberグループが、批判が相次いだことを受けて謝罪動画を公開した。

騒動を起こしたYouTuberは、大阪・難波を拠点に活動する「おこさまらんち」。2021年7月4日からYouTubeでの活動を開始し、チャンネル登録者数は8月12日夕時点で4240人。ページの概要欄には、「関西を拠点としてネットで好き勝手するチャンネルです」とあった。

問題視されたのは、8月2日に投稿された「【神回】街中に居る女の子に『A○で見た人だ!』と叫んでみたらwwww」と題した動画だった。

ネット上の指摘によれば、撮影された女性たちにはモザイク処理が施されておらず、また、女性の目の前に寝転がって道をふさぐ行為をしていたという。

出典:J-CASTニュース

「おこさまらんち」は登録者数が5千人ほどのユーチューバーです。

今回の騒動で視聴回数がのびているようですが登録者数はあまり増えてはいないようです。

炎上商法を狙った今回の騒動なのではというような見方もあります。

今後はYouTubeの運営からアカウントがBANされるのかが注目されているようです。

YouTube動画

「おこさまらんち」の炎上しているYouTube動画は確認できるのでしょうか。

現時点では炎上した路上で女性に対して叫ぶような動画は削除されています。

不適切動画の投稿に対しての謝罪の動画などがあがっております。

多くのコメントでは厳しく対処するべきだなどの声も多いようです。

被害女性

「おこさまらんち」の被害女性は顔などにモザイクもなかったようです。

そのためやらせの疑惑もあるようです。

もしやらせで仕込みの女性に対してでしたら炎上商法といわれてしまう可能性もあります。

話題になったことで一定の視聴回数が稼げたのではなどの意見もあります。

炎上商法か

「おこさまらんち」の今回の動画は炎上商法なのではというような見方もあります。

わざと批判され話題になり視聴回数などを稼ぐ手法です。

炎上した動画はすでに削除されておりますが大きな関心事に社会的になっているのでYouTubeの運営サイドからは何かペナルティがあるのかもしれません。

こうやって炎上させて名前が広まって、人気が出たりする。

許さない方向で対処すべき。

収益化してはならない。それと行政側の対応としては迷惑防止条例違反で告訴するべき。

炎上芸では?
こうやって話題になると
どれどれ?
って見に行く人がいて
再生回数が上がると
結果、本人達は得します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です