万引きドライブ大学生は誰で大学名は?出身高校はどこか

男子大学生の5人組が「万引きドライブ」と称して各地で、万引きを繰り返していたとして逮捕されました。

万引きした商品はフリマアプリで売却しお金を不当に得ていたということです。

5人は組織的に犯罪に手を染めていたようですが、万引きしながらドライブをしていたということで批判が集まっております。

楽しかったのか、善悪葛藤なかったのか、
親から何を教わったのか、
何に感謝をして生きてきたのか、

罪を償い、清く働きしっかり納税して下さい。

レンタカーを借りて万引きを繰り返していたとしてどうしてこのように育ってしまったのかと嘆く書き込みがSNSにはたくさんあります。

今回はこの「万引きドライブ」で逮捕された大学生5人に関して取り上げます。

万引きドライブ

「万引きドライブ」として報道されている5人の大学生に関しての記事です。

「万引きドライブ」と称してレンタカーで東京、群馬、静岡の3都県のコンビニをはしごし、商品を盗んではフリマアプリで転売していたとして、警視庁が5人組の男子大学生グループを窃盗容疑で摘発し、30日発表した。

アプリ側から少なくとも計約160万円の入金を受けていたといい、被害の全容解明を進めている。

5人はいずれも事件当時19歳の少年で、このうち4人は同じ高校の同級生だった。大学は異なるが、「フットワークが軽い」ことを売りにする「フッ軽(かる)仲間」として行動を共にしていたという。

少年事件課によると、5人は3~6月ごろ、3都県のコンビニを回り、ダイエットサプリを繰り返し盗んだ疑いがある。

2人以上で集まり、「見張り役」、店員に声をかけて注意をそらす「おとり役」、商品を盗む「実行役」など役割分担をしていた。

サプリはフリマアプリで半額から7割の価格で転売していたという。

出典:朝日新聞

5人は東京都、群馬県、静岡県をレンタカーで回りコンビニなどで健康サプリなどを万引きしていたということです。

自分たちでフットワークが軽いとして「フッ軽仲間」とも称していたようです。

万引きドライブといいどうしようもないななどの呆れた声がネット上にあふれているようです。

盗んだ商品はフリマアプリで転売し合計で160万円のお金を稼いでいたということです。

犯罪の意識があったのでしょうか。

大学生は誰で大学名は?

この万引きドライブをしていた大学生5人は同じ大学に通う学生ということのようです。

実名での報道はこの5人が19歳ということで名前は報じられておりません。

大学名なども現時点では報道になっておりませんがSNSでもこの万引きドライブなどのネーミングでかなりの話題となっており今後Twitterから学校名などが特定できる可能性もあります。

出身高校はどこか

逮捕された万引きドライブのメンバー5人のうち4人は同じ高校出身ということです。

同じ高校に進学するというのは一般受験ではあまり可能性がありません。

この4人の出身高校は大学の付属高校だった可能性が指摘されております。

出身高校の名前なども現在のところ特定はされておりませんが付属や系列高校も早晩判明するような情勢です。

出身高校や大学名などが特定された際にはこちらのサイトでもアップしていきます。

SNS

SNSではこの万引きドライブの5人に対してあきれ果てたようなコメントだらけです。

大学生にもなってこのような犯罪をし報道され親などは悲しんでいることでしょう。

今後は逮捕という事実に鑑み大学からも何らかの処分が下されることでしょう。

昔から、そんな学生が存在してましたね。
努力してもしなくてもの道しかだどり方を知らない人達だったんでしょうから。

親と一緒に盗んだコンビニに行って謝罪させたら良いです、親がコンビニのオーナーに謝る姿を見せ、周りにどれだけ迷惑をかけるか分からせるべきです。

強制労働所作って30年くらい労働させればいいよ。

万引きドライブの犯人の名前も大学名もこの記事では何もわかりません。

もっと有効な記事を書くべきです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です