湯原祐希が死去:死因は病気?結婚(嫁)は

元ラグビー日本代表の湯原祐希さんが死去いたしました。

36歳という若さでの訃報にラグビー関係者は驚きを隠せないようです。

現在は東芝でFWコーチをしており、そのクラブハウスで倒れて病院に搬送されたということです。

ラグビーファンには知られる日本代表の選手だったということで多くの追悼のコメントが寄せられております。

低迷時代のジャパンを支えてくれた。小柄だけどスローイング上手くて、スクラム強くて、走って蹴って何でもできる、渋くて良いプレーヤーズプレーヤーでした。ご冥福をお祈りします。

ショック。
堀江や木津の影に隠れW杯での出番は2011年だけでしたが、強い東芝を担った選手でした。

ご冥福をお祈りします。

今回は湯原祐希さんの死去や死因に関しての話題です。

湯原祐希が死去

元ラグビー日本代表の湯原祐希さんの死去に関してはスポーツ新聞のネット版が速報しております。

 ラグビー元日本代表で、トップリーグ(TL)の東芝のFWコーチ・湯原祐希(ひろき)さんが29日に亡くなったことが30日、分かった。

公式サイトで発表された。36歳。死因については公表していない。29日に東京都府中市内のクラブハウスで倒れ、病院に運ばれていたという。

東芝は公式サイトで「弊部(東芝ブレイブルーパス)FWコーチ湯原祐希(満36歳)は、2020年9月29日に逝去いたしました。ここに謹んでお知らせいたします」と報告した。

湯原さんは流通経済大学を経て2006年に東芝に入社するとともに東芝ブレイブルーパスに入部。08年にトップリーグデビューを果たした。その後は11、15年の「ラグビーワールドカップ」で日本代表として活躍し、17年にはトップリーグ100試合出場を達成。19年に東芝のアシスタントコーチに就任し、今年からFWコーチを務めていた。

出典:スポニチアネックス

現在東芝でFWコーチを務めていた湯原祐希さんの死去は多くのラグビー関係者やファンに衝撃をもって伝えられております。

年齢が36歳での死亡ということでなぜという疑問が多くの方の頭によぎっているようです。

東芝のコーチに就任しこれからチームに貢献しようというときのタイミングでの死去は本当に残念です。

トップリーグの関係者もショックを隠し切れないようです。

死因は病気?

湯原祐希さんの死因は何だったのでしょうか。

事故ではないようですので何らかの病気ということのようです。

クラブハウスで倒れたたとの報道ですが具体的な死因に関しては東芝からは何も発表がありません。

突然倒れたということですが、原因は多岐にわたります。

てんかんや急性意識障害、脱水などからの病気など様々な要因が考えられるようです。

死因は病気ですがどのような病名なのかに関しては現時点では未公表です。

結婚(嫁)は

湯原祐希さんは結婚しており子供もいるようです。

東芝の公式サイトには、尊敬する人物の欄に「妻・子供」との記述があります。


引用:https://www.toshiba.co.jp/sports//rugby/member/profile/yuhara_h.htm
残された湯原さんの嫁や子供のことを考えると本当に残念で悲しいなどの意見もあります。

まさにこれからコーチや指導者としの人生の経験を積んでいくというときの死去で親族だけでなく多くの関係者が悲しみに暮れております。

ネットの反応

湯原祐希さんの訃報はネット上でも大きな話題となっております。

その死去した年齢が30代半ばということで本当に残念だという意見がほとんどです。

死因の究明と今後の再発防止策の策定なども急務でしょう。

まだ若いのに….。

クラブハウスで倒れたんですね

正直なところなぜ?
と言う言葉が頭を過りました
嘘であって欲しいのですが…

とても残念です

クラブハウス内で倒れたってあるから、突然だったのか。
これから東芝のFWを立て直してくれると思ってた矢先に。

今月も練習に参加してたらしいけど、そんな急すぎる。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です