コロナ感染者の40代男性教員は誰で名前は?都立高校名はどこか特定か

都立高校の教員がコロナ感染の症状がありPCR検査をしていた状態で出勤していたということで話題になっております。

PCR検査をしたことをこの40代の男性教員は学校側には伝えていなかったということでその対応には批判があるようです。

Twitterなどのでもこの40代の都立高校の教員の行動にはかなりの非難の声が集まっているようです。

多量に仕事を抱えていたかもしれないけど、きちんと報告して外出を自粛した方が良かった。

これから生徒が尊敬できる訳がない。

この都立高校の教諭には行動が推測されるとまずいような場所に行っていたのではなどのコメントもあります。

真相はいったいどのようなものだったのでしょうか。

本日は都立高校の教諭の新型コロナウイルス感染の報道に関して取り上げます。

コロナ感染者の40代男性教員

新型コロナウイルス感染者の40代の教員に関しては読売新聞などが下記のように報じております。

 東京都教育委員会は18日、区部にある都立高校の40歳代男性教員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。教員はPCR検査を受けたことを学校側に報告せず、結果の判明前に出勤して同僚と接触していたといい、校長から厳重注意を受けた。

発表によると、教員は夏季休暇中の14日に発熱の症状があり、翌15日に病院でPCR検査を受けた。しかし、検査を受けたことを学校の上司らに報告せず、体調が回復したとして休み明けの17日午前に出勤したが、同日昼頃に感染が判明したため早退したという。

学校は夏休み期間中だったため生徒との接触はなかったが、同じ部屋で勤務していた別の教員1人が濃厚接触者と判断されたため、自宅待機した上で検査を受けるという。

出典:読売新聞

この40代の都立高校の教員は発熱などの症状がありPCR検査を受けたのですが学校サイドには何も連絡していなかったということです。

陽性となりコロナにかかっていたということで初めて校長などへ報告したということでその不手際などに批判もあります。

生徒への感染は無いようですが同僚とは濃厚接触の判定となり現在PCR検査をして自宅待機ということになっております。

業務への支障も出ているようですがこの教員の今後の信頼性も揺らいでしまったのではないでしょうか。

誰で名前は?

この都立高校の40代の教員とは誰なのでしょうか。

報道ではこの男性教師の名前などは一切報じられておりません。

事件性などもなくプライバシーが保護される案件ということで名前など実名報道などは無いようです。

都立高校名はどこか特定か

この新型コロナウイルスに感染していた40代の男性の先生が勤務していた高校名はどこなのでしょうか。

こちらの勤務先の高校名も伏せられております。

公開されているのは都立高校という事実のみですが都内には相当数の高校があり高校名などは特定が困難です。

新型コロナウイルス感染のクラスターの可能性もあった今回のような事象では高校名の発表も必要なのではなどの議論もあります。

ネットのコメント

たとえどのような事情があるにせよ、報告を管理職にしておけば、このようなことにならなかった。同業者なので、何か報道されていない事情があったと思いたいが。

休む勇気より、使用者の休ませる覚悟が必要ではないか?

発熱した時点で上長に報告の一択でしょう。

一番やっちゃいけない行為。

高校名の特定とかできてもいない情報で記事を書かないでいただきたい。

煽り情報ばかりで信用できないネタが多すぎる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です