北九州市の肺結核集団感染の病院はどこで名前は?

北九州市で肺結核の集団感染が確認されました。

今回は九州地方での肺結核の集団感染に関して取り上げます。

北九州市ので肺結核集団感染

北九州市での肺結核の集団感染は毎日新聞がこのように報道しております。

九州市は14日、市内の80代男性が2019年12月に肺結核で死亡し、その後男女計6人の集団感染が確認されたと発表した。男性の家族や利用していた高齢者施設の関係者で、このうち家族3人は結核を発病し、通院治療中という。

市によると、男性と接触した可能性がある32人に血液検査などを実施し、6人の感染を確認した。発病した女性の結核菌を遺伝子検査した結果、男性の菌と遺伝子型が一致することが9日に判明したという。結核の集団感染は19年に2件出たが、今年は初めて。

出典:毎日新聞

先日岡山県でも結核の集団感染がありましたが今回は北九州市での肺結核の集団感染ということです。

九州地方では災害もあり新型コロナも重なりさらに肺結核の集団感染ということで3重苦の様相を呈しているとの指摘もあります。

病院はどこで名前は?

北九州市での肺結核の集団感染を治療している病院はどこなのでしょうか。

現時点ではこの北九州市の病院名は公表されておりません。

肺結核の集団感染は2019年にも起きているということでそれほど珍しいことではないようです。

しかし、厳重な注意が必要でしょう。

ネットの反応

また肺結核か

九州地方の方がんばってください!

嫌なニュースが続くな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です