【死去】ララファンライフェンの死因は?旦那と子供は

オランダのショートトラックスピードスケートのワールドチャンピオンのララファンライフェンさんが死去いたしました。

享年27歳という年齢でのララファンライフェンさんの訃報はスケート関係者に衝撃を与えているようです。

オランダの女子スケートの第一人者で世界女王だった選手の突然の死去ということです。

今回はこのララファンライフェンさんの死去に関して取り上げます。

ララファンライフェンが死去

オランダのショートトラックの選手のララファンライフェンさんの死去はAFPBB Newsがこのように報道しております。

ララ・ファン・ライフェン(Lara van Ruijven、オランダ)選手が10日、27歳で死去したと、国際スケート連盟(ISU)がオランダスケート連盟(KNSB)の話として公式ウェブサイトで伝えた。

ファン・ライフェン選手は合宿中に体調を崩し、フランス・ペルピニャン(Perpignan)の病院に2週間入院していた。自己免疫疾患と診断された後、昏睡(こんすい)状態に置かれて手術を受けたが、10日夜に息を引き取ったという。

ISUのヤン・ダイケマ(Jan Dijkema)会長は、「ララが亡くなったとのニュースを受け、ISUは悲しみに打ちひしがれている」「このあまりにも大きな喪失に、スケート界全体がショックを受け、悲しんでいる」と述べた。

出典:AFPBB News

ララファンライフェンさんの死去は速報で世界中に配信されました。

27歳での訃報ということでスケート関係者だけでなく多くの方が驚きと悲しみをもって今回の死去の報道を受け止めているようです。

オランダでの初のスケートでの世界タイトルを獲った選手ということで同国ではスポーツ選手の中でも称えられるような存在だったということです。

死因は?

ララファンライフェンさんの死因は何だったのでしょうか。

報道では自己免疫疾患という事です。

合宿中に体調を崩したということですが、その後意識がない状態になり手術も受けたようですがそのまま死去ということになりました。

フランスのペルピニャンの病院で治療を受けていたのですがそのまま訃報を聞くことになってしまいました。

自己免疫疾患という死因の報道だけでさらに詳細な死去の原因などに関してはまだ公表されておりません。

旦那と子供:Instagram

ララファンライフェンさんは結婚して旦那や子供はいたのでしょうか。

報道などでは結婚などに関しては触れられておりません。

インスタグラムなどを見てもララファンライフェンさんの結婚や旦那の話題はなさそうです。

ネットの反応

ララファンライフェンさんの死去は速報で世界中に流れました。

やはり27歳という年齢での訃報ということでショックを受けいてる方も多いようです。

まだ活躍できる年齢での死亡はファンたちを悲しみに追いやっているようです。

まだ若いのに・・・

20代での死去はショックだな

美人ですごい人何のに信じれれません。

心よりご冥福を申し上げます。

死因がよくわからん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です