伊藤達文監督死去|死因は脳幹出血【Twitterのツイート】

伊藤達文監督が55歳という若さで死去いたしました。

享年55歳という年齢での訃報ということでアニメ業界では衝撃が走っております。

Twitterのツイートでも伊藤達文監督の死去を悲しむコメントが並んでおります。

やっぱりこの業界心身に与える影響ありすぎる。

うそ!?

今回は伊藤達文監督の死去に関して取り上げます。

伊藤達文監督死去

『戦姫絶唱シンフォギア』第1期の監督として知られている伊藤達文監督の死去はオリコンニュースがこのように報じております。

 TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギア』第1期の監督などを務めた伊藤達文さんが、5月23日に脳幹出血のため亡くなっていたことが1日、わかった。55歳。同日、妻でアニメーターのいとうまりこ氏が伊藤さんのツイッターアカウントで伝えた。

まりこ氏は伊藤さんのアカウントを通じ「妻のいとうまりこです 5月23日伊藤達文が脳幹出血のため亡くなりました(享年55歳)」と報告。

 「突然の事だったので気持ちが追いつかない日々でしたが、少しずつ落ち着いてきましたので報告させていただきました」と心境をつづるとともに、「今まで応援してくださった皆様、仲良くしてくださった皆様本当にありがとうございました」と感謝を込めている。

伊藤さんは『戦姫絶唱シンフォギア』第1期で監督を務めたほか、『まじかる☆タルるートくん』の作画監督など数多くの作品でアニメーターとしても活躍した。

出典:オリコンニュース

アニメ監督だけでなくアニメーターとしても活躍していた伊藤達文氏ですが55歳という若さでの死去となってしまいファンからは悲しみの投稿が並んでおります。

有名作品にも数多く携わっており今回の伊藤監督の死去で改めて作品の再評価もなされそうです。

やはり55歳という50代での突然の死去でファンをはじめ多くの方が途方に暮れているようです。

死因は脳幹出血

伊藤達文監督の死因の病気は脳幹出血と伝えられております。

脳幹出血とはこのような病気です。

脳幹出血とは、呼吸や血圧を保つなど、生命活動の基本を担う脳幹の部位に生じる出血のこと。

出血すると急速に昏睡状態に陥った後、出血量が多いと死去することもあり、手術も難しいという。

脳の中心部分で起きる出血で手術も困難な病気が脳幹出血ということです。

出典:https://www.fnn.jp/articles/-/774#:~:text=%E8%84%B3%E5%B9%B9%E5%87%BA%E8%A1%80%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E5%91%BC%E5%90%B8,%E3%81%82%E3%82%8A%E3%80%81%E6%89%8B%E8%A1%93%E3%82%82%E9%9B%A3%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%80%82

Twitterのツイート

若いのにね、、、

自分も生活習慣を気を付けねば。

本当に信じられない。

50代なんて若すぎる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です