闇営業のホストクラブ(歌舞伎町)はどこで店名を特定か?文春

文春オンラインで闇営業をしているホストクラブなどが取り上げられております。

東京都の休業要請リストにもホストクラブを意味するナイトクラブがあり自粛をしなければいけない状況ですが実際は隠れて営業しているお店がほとんどのようです。

先日もホストクラブで12人の新型コロナの集団感染があり問題視されておりますが闇営業の実態はどのようになっているのでしょうか。

本日は新宿歌舞伎町のホストクラブの闇営業に関して取り上げます。

歌舞伎町でホストクラブが闇営業と文春報道

新宿歌舞伎町の闇営業のホストクラブに関しては文春オンラインがこのように報道しております。

「文春オンライン」特集班が現地を取材したところ、多くのホストクラブ、サパークラブでは、看板の灯りを落としホームページ上では休業を公表しつつも、実際には店内で密かに営業を続けるという“闇営業”を行う店も、4月の緊急事態宣言の最中から数多く見受けられたのだ。

「店は自由出勤という形で営業しています。

服装もスーツではなく私服。ホストも客も普段の2、3割というところですが、何とかやっている。店のホームページでは表向き休みにしておかないと、ネットで叩かれたり、『自粛しろ』ってクレームの電話が面倒くさいので。

テレビに出ている人気店だってひっそり営業していますよ。

(緊急事態)宣言が出た4月7日から4、5日休んで、再開しているところがほとんどですね。常連さんや、ホストが大好きな“ホス狂い”を、キャッチ会社に依頼して連れてきてもらっています」(人気ホストA氏・30代)

歌舞伎町にも、感染拡大防止のため涙を呑んで自粛しているたくさんの店が存在する。だが一方で、こんな身勝手な“歌舞伎町のルール”を主張するホストが大勢いるのも事実なのだ。

出典:文春オンライン

文春の取材によれば歌舞伎町のホストクラブのほとんどはすでに闇営業という形で営業をしているようです。

緊急事態宣言の直後だけはさすがに営業は自粛していたようですが看板の明かりを消して営業は実質的に再開しているようです。

営業の禁止などは強制できない状態で闇営業のホストクラブからコロナのクラスターも発生し社会からの見る目も変わってきてしまうような様相です。

自粛警察の活動を期待するようなツイートもありますが集団感染が出た以上東京都も次の手をうたないと感染拡大を防ぐことはできないのではなどのコメントもあります。

どこのお店で店名は

この闇営業ホストクラブはどこにあり店名は何というのでしょうか。

ホストクラブの場所は新宿歌舞伎町ということは判明しておりますが店名までは特定ができていないようです。

今後この闇営業のホストクラブの店名が特定できた際にはこちらのブログでも記していこうと思います。

集団感染

12人の集団感染が発生したホストクラブも新宿歌舞伎町で闇営業をしていたお店のようです。

クラスター発生で社会からの監視のような感じでメディアも歌舞伎町のホストクラブに注目しているようです。

今後さらに闇営業のホストクラブから集団感染などあれば店名公表なども考慮するようになるのかもしれません。

ナイトクラブへのネットの反応

東京都ではナイトクラブの営業自粛として記載されておりますがホストクラブのその中に入っております。

ツイッターなどでもホストクラブへの風当たりは日に日に厳しくなっているようです。

なぜ都はパチンコ店の店名公表はしてもホストクラブはやらないのでしょうか?
すでに12人も同じ店から出てる
となるとクラスターになります。周りへの注意喚起のために店名公表をすべきでは?

この状況が日本の現況ですね。各行政が要請及び指令等を出しても何尾強制力が有りませんのでこの様に闇営業及び従わない輩が存在します。メディアもこの様な人物のコメントなど載せず、従うように即すべきですね。又、連日国会の何らかの委員会が開催しているのですから、第2派が来襲した場合には私権を制限しますが国民の命と健康を守る為に特措法を罰則が伴うように与野党で改正の議論をしないのか不思議ですね。

開けることを推奨はできないが、禁止もできない。だって、その人の生活を自分が保証してあげられないから。正論だと思うことをいうのは簡単だけど、無責任だよね。自己責任の範囲でするしかないよ。

結局、みんな自分自身が一番であり、お金がすべてであり、コロナ感染やクラスターは二の次。自分が楽しければ良いんですよ。
でも、もし国が一人一人に月100万以上の手当てや経営者の家賃保証などを賄ってくれるなら、多少現状は変わるでしょう。

廃業にして人手不足の所で働いて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です