岡本行夫が死去|死因は新型コロナの病気!反日韓国とは?喫煙&持病は?

元首相補佐官を務めた外交評論家の岡本行夫さんが死去いたしました。

享年74歳で死因は新型コロナウイルスの病気だったということです。

外務省出身論客がまたもやウイルスによって訃報をもたらされたということで関係者には衝撃がはしっております。

大変ショックです。外交問題に関しては非常に深い視点で解説してくれていた。

仰ることがいつもフェアで落ち着いた評論が好きでした。

コメンテーターとしても様々な番組出演しておりそのわかりやすい解説で人気がありました。

今回は岡本行夫さんの死去などに関して取り上げます。

岡本行夫が死去|死因は新型コロナの病気

岡本行夫さんの死去は共同通信がこのように報じております。

橋本政権などで首相補佐官を務めた外交評論家の岡本行夫(おかもと・ゆきお)氏が死去したことが7日、分かった。74歳。

関係者によると、死去は4月24日。新型コロナウイルスに感染していたという。

神奈川県出身。1968年外務省に入省し、北米1課長などを経て91年に退官。96年11月~98年3月に橋本龍太郎内閣で、2003年4月~04年3月に小泉純一郎内閣で首相補佐官を務めた。

橋本内閣では沖縄問題担当として、米軍普天間飛行場問題の解決や振興策推進のため、政府と沖縄とのパイプ役を担った。小泉内閣ではイラク復興支援に当たった。

出典:共同通信

外務省に入省し活躍しておりましたが1991年に退官し自分自身のシンクタンクを設立しいろいろな提言を行ってきました。

メディアにもたくさん登場し活躍していた岡本行夫さんですが新型コロナウイルスに感染しそれが直接の死因の病気をなってしまいました。

首相補佐官としても活動し各政権への厳しい意見を持っており様々な方面に多大な影響を与えていた人物ということができるでしょう。

本当に残念な方をなくしたと悲しみに暮れている方が多いようです。

反日韓国とは?

岡本行夫さんに関して調べていると「反日」や「韓国」の文字が出てきます。

岡本さんは反日で韓国と何か関係があったのでしょうか。

これは全くの勘違いで反日政策を推進している韓国へどのような行動を取ったらいいのかという発言を多くしておりその結果検索にそのような単語が出てくるのです。

メディアへの発言でも反日国家として現在報じられている韓国への日本の外交への提言をしております。

喫煙&持病は?

岡本行夫さんは新型コロナウイルスに感染しそれが直接の死因となってしまいました。

喫煙歴などはあったのでしょうか。

こちらは調べましたが喫煙者であったという情報は無いようでした。

70代の男性ということで昭和の時代には男性のかなりの数が喫煙していたこともありもしかするとタバコを吸っていた可能性もあります。

持病に関しても詳細は報じられておりませんがこちらも70代半ばの年齢を考えると何かあったのかもしれません。

平均的な70代の男性ですと何らかの持病があってもおかしくないのでこちらの新情報があれば追記していこうと思います。

ネットの反応

信じられない。
サンデーモーニングでのわかりやすい外交問題の解説が蘇る。

少し前にテレビで見たのに驚いた。

気を緩めてはいけない。

大変驚きました。

岡本氏は橋本・小泉政権時に首相補佐官で政権を支え、その後は保守派の論客として活躍されました。

眼光鋭い眼差しの奥に光る知性を感じさせてくれる方でした。

在りし日の岡本氏を偲び合掌。

かつて自民党政権の一員だったが、右派的なプライムニュースにも左派的なサンデーモーニングにも仕事を選ばず出ていたし、さらに周りのコメンテーター達と一線を画して、与党にも野党にもしっかり称賛したり批判したり、大変フェアなコメントをされていたと思う。
自分の思想に凝り固まり攻撃的なコメンテーターが増える中、岡本氏のコメントは抜群に優れていた。最近までお元気で活動されていたしまだまだ活躍出来るお歳だけに、非常に残念でならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です