善竹富太郎が死去|死因は新型コロナの敗血症,基礎疾患&喫煙は?【訃報】

狂言師の善竹富太郎さんが死去いたしました。

死因は新型コロナウイルス感染による敗血症ということです。

年齢がまだ40歳だったということで狂言の世界だけでなく芸能界にはショックが広がっております。

この若さで?
志村さんの追悼tweetをしながらまさかご自身がかかってしまうとは…
大変お気の毒です。

う?む、基礎疾患は無かったのだろうか?

基礎疾患などがあると重篤化しやすいのが新型コロナウイルス感染の怖さです。

今回は大蔵流狂言師の善竹富太郎さんの死亡に関して取り上げます。

善竹富太郎が死去【訃報】

狂言師の善竹富太郎さんが死去いたしましたがスポニチが速報で伝えております。

大蔵流狂言師の善竹富太郎(ぜんちく・とみたろう、本名茂山富太郎=しげやま・とみたろう)さんが4月30日午後7時54分、新型コロナウイルス感染に伴う敗血症のため東京都渋谷区の病院で死去した。

40歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行う。喪主は父の狂言師善竹十郎(ぜんちく・じゅうろう、本名茂山十郎=しげやま・じゅうろう)氏。後日、お別れの会を開く予定。

4月7日までツイッターを更新。3月30日には同29日に新型コロナウイルス感染症による肺炎のため死去した志村けんさんを悼み「けんさん、悲しすぎる!」とツイートしていた。

出典:スポニチ

善竹富太郎さんの死去は享年40歳だったということで業界に波紋を広げております。

若いからと言って大丈夫というのはもう通用しなくなっております。

本当に新型コロナウイルスを真剣に考えないと舞台などは長期間できない可能性も出てきました。

富太郎さんのあまりにも早い訃報で関係者は悲しみに暮れているようです。

死因は新型コロナの敗血症

狂言師の善竹富太郎さんの死因は新型コロナウイルス感染に伴う敗血症ということでした。

新型コロナウイルスからの病気というと肺炎ばかりがクローズアップされますが敗血症の病気が死因となることもあるようです。

本当に怖い病ですが善竹富太郎さんは基礎疾患などもともとの病気などは無かったのでしょうか。

基礎疾患と喫煙は?

善竹富太郎さんの基礎疾患や持病などはネット上にはその情報はありませんでした。

元気そうに見えますが少しふっくらとしておりますが年齢的にも糖尿病などを患っていると考えることはなかなかできないとツイートしている方もいます。

喫煙歴などはあったのか気になるとことですが喫煙者であったとの情報は今のところないようです。

新型コロナウイルス感染でアパホテルでの療養をしていたのですが体調が急変し今回の死亡ということになりました。

ネットの反応

まだ若いのに。
あまりニュースになってないけど衝撃的だ。

敗血症ということは血栓によるものでしょうか。とすると欧米で多いと言われている症状ですね。コロナ、底知れぬ恐怖を感じます。

まだこれからという歳で悔やまれます。
ご冥福をお祈りします。

自粛も無しで集団免疫を獲得することを国が方針とし目指し始めると誰がなくなってもおかしくない。

マスコミが出すのは年齢が基本。これだけでは不安感しか与えない。

この方云々ではなく、死亡した方々の全体的なリスクファクターの統計が知りたい。喫煙歴、癌などの治療歴、肥満度、飲酒、生活習慣などなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です