村中璃子の結婚&旦那は?学歴(高校大学)経歴とかわいい画像

医師でジャーナリストの村中璃子さんが新型コロナウイルスの解説で注目されております。

SNSではかわいいという評判もあります。

ミヤネ屋にも何度か出演されている村中さん。単位時間あたりに、私たちが受け取れる情報量がきわめて多いです。しかも必ずフロントの論文を挙げ、そこに依拠すると…という言い方を大切に、かつ見解を整理してお話くださる。なんとわかりやすいことか。

日本の対応は、重症者は救えるが感染は封じ込め出来ないというもの。
初期の頃は感染を封じ込めて欲しかったからもっと検査しろよと思ってたけど、無症状者がいて、感染しても重症になる人の割合が低いなら良い対応だったのかもと今なら思う。

村中璃子の結婚&旦那は?

村中璃子さんの解説はとてもわかりやすいと評判です。

PCR検査の目的は、感染者を発見して隔離し、濃厚接触者を追跡して感染の広がりを把握することです。

「安心のため」に受けるものと勘違いしている人がいますが、感染の疑いもないのにPCR検査を受けることでかえって危険な場合もあります。

PCR検査の精度は決して高くはなく、陽性でも陰性と判定して感染者を見逃してしまう可能性は30%から50%もあると言われています。

PCR検査が有効となるのは、対象とする人を「感染の疑いのある人」に絞った場合です。

出典:BLOGOS

PCR検査をどこで有効に使用すればいいのかなど的確に解説してくれていると評判のようです。

そんな村中璃子さんですが結婚していて旦那さんはいるのでしょうか。

村中さんの結婚に関しての情報はどこにもありませんでした。

村中璃子さんの本名は中村理子さんと言うそうですがそちらで調べても確からしい情報はありませんでした。

一部情報で村中さんの夫は加茂憲一さんなのではという報道が流れましたがこちらはどうやら違うようです。

学歴(高校大学)と経歴

村中璃子さんの学歴や今までの経歴はどのような感じなのでしょうか。

高校は都立高校に通っていましたが中退ということです。

大学は一橋大学社会学部に進学いたします。
その後一橋大学大学院の社会学研究科国際社会学専攻修士課程修了し博士課程は中退となっております。

さらに北海道大学医学部医学科を卒業し医師になっております。

経歴はこのようになっております。

医師免許取得後、世界保健機関西太平洋地域事務局(WPRO)新興・再興感染症チームでアウトブレイクサーベイランスやパンデミック対策に従事。

鳥インフルエンザのアウトブレイク後のカンボジア農村調査などを行った

日本に帰国後、小児用肺炎球菌ワクチンを取り扱う外資系製薬会社のディレクターとして2年間勤務、肺炎球菌の疫学調査に従事する。

2009年の新型インフルエンザの流行を機に世界保健機関の仕事を挟んでから、大学時代の友人である新聞記者にメディア関係者の懇親会に招かれたのを機に、ペンネームのフリージャーナリストとなる

2016年京都大学大学院医学研究科非常勤講師

2017年11月、日本のHPVワクチン接種率が70%から1%に激減する中、ワクチンについての誤情報を指摘し、安全性を説いたとして、ジョン・マドックス賞を日本人として初めて受賞

医療と社会学を理解している稀有な人材ということがわかります。

ジョンマドックス賞を受賞するなど目覚まし功績もあり今注目される医療者として新型コロナウイルスの解説でメディアに出ています。

かわいい画像

村中璃子さんを調べていると「かわいい」という噂がありました。

実際に村中さんを検索すると「かわいい」という文字が画面上に出てきます。

かわいいと感じてる方がたくさんいてその言葉で調べているのでかわいいという文字が出てくるのでしょう。

画像などはテレビメディアにも出演しておりますしネットで簡単に見ることができます。

ネットの反応

陽性出ても8割は体内免疫で自然治癒する。ほっておいても治る人と本当にやばい人を同じレベルで扱えばそりゃ人も病床も足りなくなるわ。
現状の法律で陽性なら隔離が定まってるならやばい人以外は検査しないってのは筋が通っている。大阪は陽性と診断されても自宅もしくはホテルで待機なので大阪の取り組み方なら検査はしてもいいと思う。

韓国式と日本式のどちらが正解かは時間が経たないと分からない。
多分、日本でももっと多くの感染者がいると思うが、今の状況や他の病気を考えてもそうだが、感染者=病人ではない。

病院は病人を治療する場所であり、感染者を治療して非感染者にする場所ではない。

医療崩壊するかしないかって、非常に僅かな危ういバランスにあるんじゃないかと。日本も注意して頑張って欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です