スウィートパワー女性社長のA氏は岡田真弓?SNS顔画像と年齢&経歴は?ポストセブン

堀北真希さんや内山理名さんそして黒木メイサさんなど有名女優を輩出してきた芸能事務所に「スウィートパワー」があります。

その社長は女性社長でマネージャーなども全員女性の事務所ということです。

そんななか近年は退職者が続出しているとのことですがいったい何があったのでしょうか。

良いマネジャーって難しいんですね。

ここに書いてある2名の俳優は親くらいのおばさんに惚れられて迷惑だっただろうな
次は仕事に集中させてくれるいいマネージャーに当たるといいな

スウィートパワーは男性の事務所としてスパイスパワーという別の事務所を作りましたがマネージャーは男性ではなくスイートパワーの女性マネをスライドさせました。

その結果問題が起きて事務所からの大量退職が発生したようです。

今回は事務所の社員の退職問題に揺れるスウィートパワーの女性社長A氏に関して取り上げます。

スウィートパワー女性社長のA氏は岡田真弓氏?


スウィートパワーの情勢社長A氏に関してニュースポストセブンではこのように報道しております。

「週刊新潮に、『マネジャーが大量離脱で会社危機』などと報じられたんです。記事によれば、1年間に10人以上のマネジャーが辞めたとか。この2月にもまた退職者が出たようです」

A社長は別の事務所で瀬戸朝香(43才)を見いだし、“スカウト力”を武器に独立した、カリスマ女社長。そのスカウト術は社員に伝授され、彼女たちが全国各地を訪れ、それぞれの土地で評判の「美少女」を聞き取り調査で探し回る。

事務所は初の男性タレントを所属させることを決め、「スウィートパワー」とは別に、男性部門の事務所「スパイスパワー」を設立した。

 高杉は仮面ライダーなどのイケメン俳優の登竜門に抜擢。その後、所属男性タレントも増え、いまでは『中学聖日記』(TBS系・2018年放送)で世の女性たちを陶酔させた岡田健史(20才)ら、多くのイケメン俳優を抱えるようになった。

高杉が高校を卒業する頃には、敏腕マネジャーはほかのタレントの現場には顔を出さなくなり、高杉の現場にベタ付き。仕事や脚本への口出しは当然となった。彼女はCM関係にも従事していたため、ついには、ほかの所属女優たちまでもが「真宙と会話したら、目を付けられてCMの仕事がなくなるかも」と、共演を恐れるまでになってしまった。

信頼していたマネジャーの豹変ぶりに、A社長はたまらず『イケメンに狂うな!』と叱咤していました。それでも止まらずついに2年前、高杉さんの現場への同行を禁止されました。

結局そのマネジャーは納得がいかず社長と口論になり、退社することになりました。本人は“真宙との仲を引き裂かれた”と恨み節を言っていたそうです。

出典:ニュースポストセブン

人気イケメン俳優の女性マネージャーが仕事に支障をきたして退社という形になったようです。

このスウィートパワーの女性社長A氏とはいったい誰なのでしょうか。

スウィートパワーの事務所の社長を検索すると簡単に出てきました。

それが岡田真弓社長ということで敏腕社長として業界でも名を馳せておりました。

直感で将来性を見抜く目は確かなようで地方から大物俳優の原石を次々を発掘してきた女性社長ということです。

SNS顔画像

女性社長A氏は岡田真弓さんということがわかりましたがどのような顔なのか気になりますよね。

Facebookやツイッターなどで岡田真弓さんのアカウントを調べてみましてが同姓同名の方もいてスウィートパワーの社長本人と確実にわかるものは無いようでした。

その代わりにすでに有名な芸能事務所の社長ということでネット上には顔画像などがたくさんありました。

スウィートパワーの岡田真弓さんで調べるとすぐに顔写真などを見ることができると思いきや同姓同名の他の会社の社長の画像しか出てきません。

今回の報道の芸能事務所の社長の岡田真弓さんの顔画像はどこにもないようでした。

年齢&経歴は?

スウィートパワーの女性社長A氏つまり岡田真弓さんの年齢やその経歴はどのようなものなのでしょうか。

岡田さんの生年月日などは公開されておりませんでした。

しかし、1992年にメロディーハートという芸能事務所が設立されたときに参加していたそうです。

これがいまから28年前ですのでその時に20歳だったとしても現在の年齢は48歳ということになりアラフィフ以上ということになりそうです。

そしてその後1996年に現在の芸能事務所のスウィートパワーを設立し数々の女性芸能人を売り出してきました。、

その後男性専門の事務所として別組織のスパイスパワーをつくってそちらでも有望な若手俳優を輩出しております。

しかし、そのスパイスパワーでの俳優と女性マネージャーの関係などで昨今の大量退社になっているとポストセブンは報道しております。

ネットの反応

スウィートパワーの大量の社員の退社に関してはTwitterでもいろいろな意見があるようです。

岡田真弓さんが正しいというような女性社長を擁護するような意見もありますが否定的なものもあります。

異性のマネージャーだからこそうまくいく場合もあるし、こればっかりは当人同士の相性かもしれないよ。
向井理を見出したマネージャーは女性だったけど、ブレイク後に産休育休取って、マネージャー業からは引いたんだよね。
そうやってちゃんと公私を分けてる人もいる。

この話が事実なら社長のとった判断は正しいと思う。スタッフが所属タレントに対し我が子のように大切に育てる守る姿勢なら理解できるけど恋愛感情のようなものを抱いたら業務に支障が出るし嫉妬やなんやらでアウトだよな。タレント側も迷惑してたと思うわ

マネージャー大量退職報道を払拭させるために社長サイドのリークで書かれている感じ。タレントも社長の趣味嗜好で仕事選ばれている感じでマネージメント上手くいってないよね。最近も社長溺愛の知英が韓国に逃げ帰ったり、南沢奈央が提携関係維持してるけど独立したり、若手女性も結構辞めている。同じ社長溺愛の内山理名が年明けても結婚しないなど、ワンマン社長や他にも闇がありそうなんだよね。
あの管理下で事務所に残って支えながら、反対されても自分の人生歩む桐谷美玲の気骨さはすごいよ。

誤解を恐れず言えば、「公私混同するくらい本気」でないと売り込むのは難しい業界なんでしょうね。
ここまで敏腕マネージャーなら、なんで俳優を所属させる時に男性マネージャーを雇わなかったんですかね。このくらいの敏腕社長なら外部から有能な男性マネージャーを引っ張ってくる事もできたと思いますが。

マネージャーが「私的な好意を持っている」って結構、ヤバいよね。社長の行動はかなりまとも。私的な好意がタレントにとっては邪魔になる。タレントが誰かと交際しているのが明らかになれば、マネージメントが雑になるだろうし、嫌がらせが起こりそう。害にしかならないでしょう。これは立場を利用して相手に関係迫るのが目に見えて解る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です