山口陽平さんが熱中症で倒れたひらかたパークの現場責任者は誰で名前を特定?ひらパーで着ぐるみの事故後の再開は?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

ひらかたパーク(ひらパー)での着ぐるみを着た山口陽平さん(28)が熱中症でなくなるという事故がありました。

ひらかたパークの広報の話によると緊急時にはハンドサインがありすぐに対処できるというものでした。

しかし、実際は対応が遅れて山口さんが死去するという事態になってしまいました。

現場レベルではガマンしないといけないような雰囲気などがあったのでしょうか。

今回は山口さんが倒れた時の現場責任者のLINEについての週刊文春の報道とその詳細を取り上げます。

山口陽平さんが熱中症で倒れたひらかたパークの現場責任者は誰で名前を特定?

8月5日に更新された週刊文春オンラインによると、ひらかたパークの着ぐるみショーの現場責任者の当時の思いを伝えたLINEが入手できたそうです。

週刊文春では「懺悔LINE入手」と目を引く見出しを付けてこのように伝えています。

みなさん既にニュース等でご存知かとはおもいますが、7/28(土)19:30から開始したノームのサマブリーズレディオ3のドレスリハーサル終了後、トランプを演じていた山口陽平くん28歳が救急搬送されましたがお亡くなりになりました。

 たくさんの人達が支え、繋いできてくれたチームでこのような事故を起こしてしまい本当に申し訳ありません。

山口くん本人、遺族の方には本当に取り返しのつかない過ちを犯してしまったこと悔いても悔いきれません。

OBのみなさんにも心配をかけ期待を裏切ってしまったことを深く反省しています

 当日の山口くんの様子をビデオでも確認しましたが、最後まで元気よく演じており途中で止めさせる判断は難しかったと感じています。

パームプラザからキャラ部屋までも両脇を抱えられる形ではありますが、自分の足で歩いて帰ってきています。

ただ部屋に着いてからは自分でヘッドを外す事ができず、アゴ紐と脇ゴムをハサミで切断し無理やりヘッドを外しました。

この段階で既に顔色が青白く、既に呼吸が弱かった為すぐに救急車を手配しています。

出典:週刊文春オンライン

報道では山口さんは自力で何とか控室まで戻ってきているとしています。

しかし、そのあと熱中症により呼吸が弱まってもいます。

本当に現場の対応が適切だったのかネット上ではこちらの社員が誰だったのかについて関心が集まっています。

文春の報道によればこの現場責任者は『B氏』と報じています。

こちらは伏せ字での報道でイニシャルなどの個人が特定できるものではないでしょう。

こちらの事件については過失が認められれば警察も動くようで現在捜査が進んでいるようです。

その際にはこちらの責任者の名前なども公開されるでしょう。

ひらパーで着ぐるみの事故後の再開は?

ひらかたパーク(ひらパー)の着ぐるみのショーは人気がありました。

地元に密着した遊園地ということで思い入れのある方も多いようです。

こちらのショーの再開は現在見込みがたっておりません。

これから暑い夏になりますので事故直後の再開は無理と判断したようです。

もしかすると将来は屋内や期間限定で再開が検討されるかもしれません。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

風邪気味だったとしても28才の若い男性がなくなったのはどれだけ苛烈な暑さだったのだろう。どの施設でも猛暑の季節は着ぐるみショーはやめる英断をするべき。

AEDが作動しなかった=故障
って思ってコメントしている人もいるけど…除細動が必要ない状況と機械が判断したのではないのでしょうか?

この時期に体調を崩して着ぐるみを着て最高のパフォーマンスをするって事は本当に危険な行為。
よく職人さんが着てらっしゃる扇風機付きの上着のように着ぐるみにも風を通す物がなくてはこの先同じような事故が起きる事は安易に想像できます。

とても悲しい事故。
ご本人も 周りも かなり
頑張ってしまっていた様子が伺えます。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です