エボラ出血熱で感染症研究所に入院した女性は誰で実名(名前)は?治る症状と日本人の現在

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

アフリカのコンゴから帰国した埼玉県の70代の女性がエボラ出血熱の疑いがあるとのことで国立感染症研究所に入院いたしました。

現在は血液などの検査をしていて症状なども勘案し結果を判定するそうです。

今回はこちらのエボラ熱の話題について取り上げます。

エボラ出血熱で感染症研究所に入院した女性は誰で実名(名前)は?

共同通信などによると以下のように伝えております。

厚生労働省は4日、アフリカのコンゴに滞在歴がある埼玉県の70代女性が3日に38度以上の熱を出し、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして検査していると発表した。東京都内の医療機関に入院し、血液を国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)で検査。4日午後にも結果が判明する。

 厚労省によると、女性はエボラ出血熱が流行しているコンゴから7月31日に帰国。3日朝に38.2度の発熱があり、同日夜に39.2度まで上がった。現地でエボラ出血熱患者との接触はないという。インフルエンザの検査では陽性反応が出ている。

 政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。
出典:共同通信

70代のじょせいがエボラ出血熱に感染している疑いがあるということでかなり驚きな事件です。

今まで遠いアフリカの片隅の病気だったと思っていましたがそんなことはないと実感させられました。

こちらの日本人の女性が誰で実名(名前)などは今のところ公表されておりません。

氏名や住所などの情報が入りましたら引き続きお伝えしたいと思います。

治る症状と日本人の現在

今回、入院した女性が治る症状なのかどうかも今のところはっきりした報道がなされておりません。

現在日本人でエボラ出血熱にかかったという疑いがあるのは今回が初めてのケースとなりそうです。

70代の女性ということですが国際機関の関連やボランティア関係で今後に行っていたのでしょうか。
いずれにしても症状が良くなればいいと願うばかりです。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

まずは冷静な対応が求められます。このニュースだけでは、当該女性が帰国後どのような行動をしていたのか推測しかねますが、朝日新聞の報道によると「女性は7月31日に同国から帰国し、検疫所で体温を毎日2度調べるなど健康監視を続けていた」とされていて、街中を行動していたことはないように読み取れます。

エボラとインフルは症状がよく似てるからなあ。

パニックにならない程度に、情報の逐次発信が必要ですね。政府の危機管理が試される事態ですね。

空気感染はしないんだよな
コンゴで拡大するのは文化の問題
信仰に関わってくるから如何ともし難い

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です