田辺優貴子:事実婚の結婚相手(旦那)は誰で名前は?ブログで彼氏の画像有り?

国立極地研究所の田辺優貴子助教が文部科学省の補助金を不正に受け取っていたとして懲戒解雇の処分になりました。

田辺優貴子助教はそのルックスや経歴からマスコミにもたくさん取り上げられていて現在とても注目されている研究者でした。

その田辺氏が解雇の処分を受けたとのことで大学の研究者だけでなくメディアでかかわっていた方々も大変驚きをもって今回の出来事をとらえているようです。

今回はこの田辺優貴子助教に関して注目してみます。

田辺優貴子助教が補助金不正で懲戒解雇

今回の田辺優貴子助教の不正に関して日刊ゲンダイデジタルでは以下のように報道しております。

ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演するなど、頻繁にメディアに取り上げられていた国立極地研究所の田辺優貴子助教(41)が、出張費の水増しやカラ出張を43回行い、文部科学省の補助金や科学研究費助成事業(科研費)を含む約132万円を不正に受け取っていた。

極地研を所管する情報・システム研究機構の調査で発覚し、25日付で田辺助教を懲戒解雇処分とした。

田辺助教は2012年から今年3月末までの7年の間に、ネット上で発行された航空機の領収書やクレジットカードの明細書の金額を改ざんし、出張費の水増しや架空の出張費、通信費を請求していた。

今年2月、極地研の事務職員が不正に気付き、チョロまかしがバレた。

青森県出身で名門青森高から京都工芸繊維大、京大院、東大院、早大高等研究所を経て、国立極地研究所に着任。

植物生理生態学が専門で第58次南極観測隊を含め、南極を7回、北極を6回訪れた。その行動力と研究分野、可愛らしいルックスから「極ガール」と呼ばれ、各分野から引っ張りだこで、14年には文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞している。

出典:日刊ゲンダイデジタル

文科省の補助金や科学研究費助成事業の費用を不正に受け取っていたとのことで直接の懲戒解雇の名目は132万円の受給に関してということです。

出張費を不正に多く申請し足り架空の出張費や通信費を計上していたということです。

手口が悪質とネットで評されているのは領収書の金額の部分のみを編集ソフトを使って書き換えていたという点です。

文書の偽造にもあたるのではないかとSNSでは話題になっております。

このほかにもクレジットカードの明細の提出を求められた際にもその金額の部分をまたもや書き換えて提出していたとのことで文部科学省としても見過ごすわけにはいかない件となってしまいました。

田辺優貴子助教は自分で使う分の研究費をプールしておきたかったというような言葉を残しているようですが信憑性はこれから確認してみないとわからないようです。

懲戒解雇という重い処分を受けて100万円以上の金銭の返還も求められておりこの不祥事が世間一般にも知られて今後田辺助教は苦しい展開を強いられそうです。

田辺優貴子助教は事実婚で結婚相手(旦那)は誰で名前は?

田辺優貴子助教が事実婚の状態にあるのではという噂がありますが本当でしょうか。

田辺氏の氏名で検索してみると事実婚という文字があります。

これはこの言葉で調べている方が多いという目安になるワードです。

では本当に田辺優貴子氏は事実婚の状態にあるのでしょうか。

ネットで調べてみると婚姻届けは出して異なけれど実際上は夫婦のような関係の男性がいるとの情報がありました。

実質的な結婚相手(旦那)が誰なのかにかんしてはどこにも情報がありませんでした。

したがって名前や顔画像などの個人情報に関するものはこちらでは公開することができません。

今回の不正受給の不祥事に伴っていろいろな情報が表に出てくるかもしれません

その一環で事実婚や実質的に旦那(夫)の役割の男性の情報が判明した時にはこちらのブログでも追加情報を入れていこうと思います。

ブログで彼氏の画像有り?

田邊由紀子助教のブログは研究用であるようですが、現在は閉鎖さているようです。

ページが見つかりませんという文字しか出てこない状況です。

したがって事実婚の関係にあルような彼氏の画像などはこちらのブログでは確認はできません。

ネットの反応

闇が深そうだな

人気があったのに残念だね。

以前からやっていたのかな

ネット上の田邊由紀子氏へのコメントは辛辣なものもありこの話題はしばらく尾を引きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です