トミーズ雅の病気は何?入院している病院はどこで名前は?右頭部動静脈瘻手術とは

漫才師のトミーズ雅さんが右頭部動静脈瘻の手術を受けることになったそうです。

数十万人に一人という珍しい病気のようです。

頭の手術になるようですが太ももからカテーテルを入れてのオペになるようです。

命にかかわるようなものでは無いようですがトミーズ雅さんはめっちゃびびっていると感想を述べております。

今回はこのトミーズ雅さんの病気に関して取り上げます。

トミーズ雅の病気は何?

トミーズ雅さんの病気に関してはスポニチが以下のように報じております。


人気漫才師・トミーズ雅(59)が18日、大阪市内の病院で右頭部動静脈瘻(どうじょうみゃくろう)の手術を受けることになった。

太ももから管を入れてのカテーテル手術で約1時間で終了し、近日中に退院できるという。

雅によると10日ほど前に耳の上の血管が異常に膨れあがっているのを夫人が見つけ、病院に行って発覚したという。
出典:スポニチ

夫人が血管の異常を見た目で発見してそれから病院で検査して今回の病がわかったようです。

数十万人に一人の病気でも現代の医学では安全に手術できるようなエビデンスがきちんとあるようです。

10万人に一人とすると日本では約1000人がこの病気になると計算できます。

1000人が多いか少ないかは個人の主観によってくるかもしれませんがこのようなものでもすぐに診断が終了し手術もやり方が確立しているというのはすごいことです。

医学の進歩は本当に日進月歩ですすんでいると認識せざるを得ません。

入院している病院はどこで名前は?

トミーズ雅さんが入院している病院は大阪市内の病院ということしか明らかにされておりません。

病院名まで公表されたらファンの方たちのお見舞いなどがたくさんきて病院側も大変になるのであえて非公表なのかもしれません

命にかかわるようなことではないようなのでファンとしてもそこまで心配しなくていいのかもしれないとSNSでの投稿もありました。

しかし、頭への手術ということで心配しているファンも多いことでしょう。

右頭部動静脈瘻手術とは

右頭部動静脈瘻手術とは動脈から毛細血管にまず行くところがいきなり静脈につながってしまう病気のようです。

これは生まれつきのものではなく後天的にバイパスのような形で血管ができてしまった病気で珍しいものです。

手術のやり方は確立されているようで前述したとおり太ももからカテーテルを挿入し頭まで運んでするということです。

トミーズ雅さんの担当医は死去する確率はほぼないとのことで、手術も簡単なもののようです。

トミーズ雅さんへのネットの反応

10年位前に雅さんの店の、すぐ近くに住んでいて、偶然に店の前で逢った時に写メをお願いしたら、すぐに、いいよと一緒に写メをとってくれました。そんな気さくな雅さんを淀川区に住んでいたら、何回も見ましたが、テレビの時と変わらない感じです。夏でも玄関にイルミネーションがあり、綺麗だなぁと思って通ったら、玄関から出て来た人が雅さんでした。さすがに、大きい家です。でも、地域に馴染んでいて、地元でも、庶民的で、いい人です。テレビと実際では、違う芸能人も多いと思うけど、雅さんは、これからも応援したいです。私も7年治らない毎日痛みにに耐えながら、生きてますが、病気に負けないで頑張って下さい。

関西の番組でまささんの人柄を知っているものとしては、もっともっと元気な姿を見せてほしいと思います。しっかい養生なさってください

数十万人に一人、なんて言われると、誰でもビビるでしょう。「何で俺がその中の一人になってしまうのか」と思う人もいる筈。ワシでもそう感じてしまいます。
カテーテル手術で回復する、とのこと。大事には至らなくて何よりです。どうぞ御自愛下さいませ。

トミーズ雅さん。
同じ世代ですが、食事などにも注意して、歯切れの良いトークをお願いしますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です