新潟市内でパトカーなど20台を当て逃げした女は誰で名前は?カーチェイスの画像や写真はあるのか?職業(勤務先)はどこか

新潟市内でパトカーなど合計20台以上に当て逃げした女が現行犯で逮捕されました。

逮捕されたのは36歳の女ですがなぜこのような行動をして事態を大きくしてしまったのか関係者は首をかしげております。

今回はこの 新潟市内での多数乗用車当て逃げ事件に関して取り上げます。

新潟市内でパトカーなど20台を当て逃げした女は誰で名前は?

今回の新潟市内での当て逃げ事件に関してはFNNなどが以下のように報道しております。

9日午後、新潟市内を1台の車が暴走する事態が発生しました。

車は最終的にパトカーに衝突し、公務執行妨害の現行犯で山形に住む無職の女(36)が逮捕されました。

女が運転していたとみられる車は9日午後1時半ごろ、新潟市東区の新潟バイパス・紫竹山IC手前で車2台に衝突し、そのまま栗の木バイパスへ。

その後も、スピードを出しながら次々に車に衝突したということです。

9日午後1時48分、女が運転する車は新潟市東区長者町の交差点で追跡してきたパトカー3台に囲まれましたが、女はそれでも車を衝突させ、逃走を図ろうとしたことから、警察官が車の窓ガラスを割り、女の身柄を確保しました。

衝突したのは少なくとも23台とみられていて、これまでにけが人の情報は入っていないということです。
出典:FNN

なんと合計で23台もの車に衝突したとのことです。

この23台の中にはパトカーも含まれていてほとんどカーチェイスさながらの様相を呈していたと想像できるとSNSでも書き込みがなされております。

最初にバイパスで車2台にぶつかっているとのことですがバイパスなのでかなりのスピードが出ていたのかもしれません。

動揺してそのまま当て逃げというような行動をしてしまったのかもしれませんが今の車はカーナビがついていることもい多いうえ事故と関係ない近くの車も周りをレコーディングしていることも多いようです。

したがって、当て逃げなどしてもすぐに車が特定されることは判断できたはずです。

にもかかわらずこの36歳の女が運転する車は逃走しそのあとさらに20台以上の車を損傷させてしまうという大失態につながる行動をとったのです。

本当に不可解な行動で動機の究明が新潟県警によっていそがれるところです。

この女の名前や誰かなどは一切公表されておりません。

年齢のみ36歳ということが発表されております。

さらに自宅住所に関しては山形県内ということが判明しております。

山形県から用事があって新潟県まで来ていたようですが具体的な用件などに関しても公開はされておりません。

カーチェイスの画像や写真はあるのか?

ほとんどカーチェイスといった様相だったと想像できる今回の新潟市での逃走劇ですがその場面の画像や写真はまだ公開されておりません。

あおり運転の時のように当て逃げされた人物がカーナビの映像を公開するようなことになればその事故当時の状況を確認はできますが、まだ公開するような方はいないようです。

職業(勤務先)はどこか

事故を起こした女は36歳で山形県在住ですが勤務先に関しても報道はまだありません。

事故を起こした9日は土曜日で会社員なら休みのことが多いのでサービス業ではないオフィスに勤務する会社員の可能性が高いようです。

しかし、こちらも具体的な勤務先の名前などに関しては伏せられていてどこに勤めていたのかなどは不明なままです。

わからないことが多いのですが多数の車を巻き込んだ事件なので新しい犯人の情報が得られれば追加で情報をアップデートしていきたいと思います。

ネットの反応

こういう輩は永久に運転免許剥奪で良いよ。

そこまでして逃げようとする、執念は、何故か、それを速く報道して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です