【神戸市立医療センター中央市民病院】逮捕の男性医師は誰で実名を特定?

神戸市立医療センター中央市民病院に勤務する男性医師が逮捕されました。

女性用のトイレに侵入したということですがどのような動機で今回のような行為をしたのでしょうか。

逮捕された男性医師は29歳ということで神戸市立医療センター中央市民病院に来てまだそれほど年数は経っていなかったようです。

本日は神戸市立医療センター中央市民病院に勤務する29歳の男性医師の逮捕に関して取り上げます。

神戸市立医療センター中央市民病院

神戸市立医療センター中央市民病院の男性医師の逮捕は神戸新聞が下記のように報道しております。

神戸水上署は11日、建造物侵入と県迷惑防止条例違反の疑いで、同市東灘区の医師の男(29)を逮捕した。

逮捕容疑は10日午後2時10分ごろ、同病院内の女性用トイレに侵入し、個室の上からスマートフォンを差し入れ、撮影した疑い。容疑を認めているという。

同署によると、シャッターを切る音に女性が気付き、隣の個室から出てきた男を問いただして発覚した。男は同病院の医師で、勤務中だったとみられる。

出典:神戸新聞NEXT

神戸市立医療センター中央市民病院に勤務する男性医師の不祥事ということです。

勤務中に女性用のトイレに侵入していたということです。

大胆な犯行にどうしてこのようなことをしたのか病院関係者は驚きを隠せないようです。

優秀なはずのドクターがどうしてこのようなことをしたのでしょうか。

逮捕の29歳の男性医師は誰で名前(実名)は?

神戸市立医療センター中央市民病院に勤めている医師の29歳の男は誰なのでしょうか。

現状、報道機関では逮捕された29歳の男の実名などは報じていないようです。

誰かなどの医師の特定はこの後兵庫県警が行うものと思われます。

顔画像を特定

神戸市立医療センター中央市民病院の逮捕された医師の顔画像などはあるのでしょうか。

メディアでは実名もまだ報じられておりません。

顔画像などは名前が特定できれば病院名などがすでに分かっているので取材で判明するものと思われます。

顔写真なども報道された際にはこちらにもアップしていこうと思います。

動機

神戸市立医療センター中央市民病院の逮捕された医師はどのような動機で今回の事件を起こしてしまったのでしょうか。

仕事はストレスのある職業というのは理解できます。

ばれてしまうリスクが高いことも承知の上での犯行だったのかもしれません。

優秀なはずのドクターの逮捕ということで市民病院の関係者は頭を抱えているようです。

原田崇史容疑者を逮捕

逮捕された人物は原田崇史容疑者と判明いたしました。

詳しい経歴や顔写真などは報じられておりませんがどうしてこのような犯罪に手を染めてしまったのでしょうか。

多くの謎が残ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です