【死因は心臓発作】ウーゴマラドーナが死去|経歴と家族(嫁+子供)は?

ディエゴ・マラドーナ氏の弟のウーゴマラドーナ氏が死去いたしました。

年齢が52歳での訃報ということでサッカー関係者には大きな衝撃が走っております。

ウーゴマラドーナ氏の死因は心臓発作ということですが持病などもあったのでしょうか。

ネット上では偉大な兄の死去に続いてのウーゴ氏の訃報に多くの悲しみの投稿がされております。

サッカー見出したのが遅かったので、札幌時代しか知らないが、ディエゴ・マラドーナの弟と知って当時本当に驚いた。ご冥福をお祈りします。

ディエゴの弟だったことで良い事もそうではない事もあっただろうがまだまだ自分なりの人生を送れていたはず、52歳は早すぎる。

ウーゴマラドーナ氏は日本でもプレーしており覚えている方も多いようです。

マラドーナ兄弟の死去に多くのサッカーファンは衝撃を受けていますが今回はウーゴ氏の訃報に関連する話題となります。

ウーゴマラドーナが死去

ウーゴマラドーナ氏の死去は下記のように報道されております。

かつて日本でもプレーしたウーゴ・マラドーナ氏(享年52)が急逝した。

サッカー界のスーパースターであるアルゼンチン代表の英雄、ディエゴ・マラドーナ氏を実の兄に持つウーゴ氏(写真左)は、28日にナポリにある自宅で心臓発作を起こし、52歳の若さで逝去した。

昨年11月25日に逝去した兄ディエゴ氏の逝去から約13カ月後の訃報となった。

出典:超WORLDサッカー!

ウーゴマラドーナ氏はディエゴマラドーナ氏の弟ということで常に注目を浴びてきました。

日本でも複数のチームでのプレー経験があり記憶にある方も多いようです。

そんなウーゴ氏ですが52歳という若さで死去してしまいました。

50代での訃報は本当に残念でショックを受けている日本のサッカーファンも多いようです。

死因は心臓発作

ウーゴマラドーナ氏の死因は心臓発作ということです。

食生活なども影響していたと思われますが持病などはあったのでしょうか。

恰幅のいい体格で何らかの循環器系の持病なども抱えていたようですが詳細までは公開されておりません。

経歴

ウーゴマラドーナ氏の経歴のプロフィールは様々な変遷を遂げてきました。

1985年にアルヘンティノス・ジュニアーズでプロデビュー。

以降、アスコリやラージョ・バジェカーノ、ラピド・ウィーンといったヨーロッパのクラブ、南米のクラブを渡り歩き、1992年には日本のPJMフューチャーズに加入。

1995年~1996年には福岡ブルックス(現アビスパ福岡)、1997年から1998年まではコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)でプレーし、両クラブでJリーグ昇格に貢献していた。

南米だけでなくヨーロッパや日本でもプレーをし多くのサッカーファンを魅了してきました。

ディエゴマラドーナ氏の弟という枕詞がどうしてもついてしまいますがそのプレーを記憶している日本のファンもたくさんいます。

心よりウーゴ氏のご冥福をお祈りしたいと思います。

家族(嫁+子供)は?

ウーゴマラドーナ氏の嫁や子供はどのような構成なのでしょうか。

ディエゴマラドーナ氏の訃報の時は子供が8人もいるなどの報道もあり大きな注目を浴びておりました。

ウーゴ氏の家族構成などの詳細な情報はネット上にはほとんどないようです。

今後結婚などの情報があればこちらのサイトにも追記していくつもりです。

ツイッターなどのSNSでもウーゴマラドーナ氏の訃報に多くの追悼のコメントが投稿されております。

コンサドーレ札幌時代は観戦に行きましたよ
偉大な兄ほどでは無かったけど
ドリブルが得意なテクニカルな選手でした
恐らく兄と比較されて大変だったと思います
コンサドーレ札幌では輝いていました
ご冥福をお祈りします

マジかー
福岡に藤枝ブルックスが招致され福岡ブルックスになった初年度、活躍してくれた選手。
アビスパの前身と言う事もあり思い入れも強いなぁ。
ご冥福をお祈りします。そしてありがとう。

兄弟でのコマーシャルの共演は嬉しかったな。
あまりにも兄貴は突き抜けていたので地元では神同様ですが、ウーゴも一流のタレントだと思います。
マラドーナ兄弟最高でした。
合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です