静岡大学のアカハラ教授(50代)の学部はどこで名前は誰?暴言か

静岡大学でアカデミックハラスメント(アカハラ)があり教授が処分されたとの報道がありました。

50代の教授のアカハラということですが暴言があったような報道です。

「やる気あんのか」などの発言だったいうことです。

ネット上では暴言との表現もありますが一般的には暴言には当たらないのではという意見もあります。

本日は静岡大学の50代教授のアカハラの問題に関して取り上げます。

静岡大学でアカデミックハラスメント

静岡大学でのアカハラに関しては読売新聞オンラインが下記のように報道しております。

静岡大は16日、学生に対するアカデミック・ハラスメント(立場を利用した嫌がらせ)があったとして、50歳代の男性教授を出勤停止14日間の懲戒処分にしたと発表した。

発表によると、教授は昨年10月、授業で複数の学生に対して「やる気あるのか」など強圧的な言葉で他の学生の前で長時間叱責(しっせき)した。また、特定の学生にだけ厳しい態度で接するなどした。学生が大学に申し立て、大学は今年3月にハラスメントと認定した。教授はその後もハラスメントがあった授業以外の職務を続けていたという。

 日詰一幸学長は「教育機関としての信頼を失墜させる行為。再発防止に努める」とコメントした。

出典:読売新聞オンライン

静岡大学でのアカハラは大学関係者に大きな衝撃を与えております。

どのようないきさつだったのかまでは報じられておりませんが教授を擁護するようなコメントもSNSにはあります。

教授は出勤停止の

アカハラ教授(50代)の学部はどこで名前は誰?

静岡大学のアカハラ、パワハラの教授は誰なのでしょうか。

報じられているのは50代の教授ということで詳細はほとんど明らかにされておりません。

学部や名前などは事件化していないということで公表されておりませんが今後SNSなどで明らかになることもあります。

暴言か

静岡大学の教授の発言は暴言なのでしょうか。

「やる気あんのか」などは一昔前は暴言などにはならなかったでしょう。

現代でも暴言ではなく内容からのアカハラの認定なのかもしれません。

ネットの反応

ネット上では静大のアカハラに色々なコメントがあるようです。

ハラスメントの言葉の多用なのではなどの言葉もあるようですが現代にキャッチアップしていかなければ時代に追いつけないのかもしれません。

学生側からしたら辛いことだったとは思うしいかんことだとは理解する。時代が許さない。しかしながら教授擁護ではなく、ここに至るまでの背景が気になる。一方的な報道で教授が100%悪なのか?

これって、少しでも怒られたりしたら、なんでもハラスメントにしてしまうんじゃないの?学生の態度はどうだったの?学生の言い分だけを聞いたんじゃないよね?自分らが学生の時、酷い人は酷かったんだからー。

今回どうだったかということは、分かりません。必要以上にパワーを使う教授がいるということも事実だと思います。真面目に聴いている他の学生の迷惑かえりみず、授業中に大きな声で私語を続ける学生がいるということも事実だと思います。授業を録音したり録画することを禁止していると思いますので、証明することは難しいと思います。
専門学校では、仮にパワハラがあったとしても、問題にすることは難しいと思います。後になってみれば、大学生達はいかに自分たちが恵まれていたかを思い出すのでしょう。

やる気あるのか

この教授にそう思わせる何かが学生にあったのなら言われても仕方ないと思うけどな。
何でもかんでも○○ハラスメントってメディアが付けた都合の良い呼び方としか受け取れない。

記事が薄っぺらくて全く詳細がわからんけど。
プロならもっと詳しく書けよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です