瀧本憲治が死去で死因は?経歴と嫁(妻)は?

株式会社maneoマーケットの元代表取締役である瀧本憲治さんの死去が報じられております。

49歳の実業家の突然の訃報にファンドなどの関係者は驚きを隠せないようです。

波乱万丈の人生だった瀧本さんですが近年ではファンドへの責任問題で悩んでいたようです。

瀧本憲治さんの訃報はネット上でも大きな話題となっておりその死因など様々な観測が流れております。

本日は実業家の瀧本憲治さんの訃報に関して取り上げます。

瀧本憲治が死去


画像引用:https://www.zenchin.com/witht/post-292.php

maneoマーケットの元代表取締役の瀧本憲治さんの死去はSNSで話題となっているようです。

瀧本憲治さんの死去が大手のメディアでも速報されました。

しかし、その後訃報の報道はほとんど削除されてしまいました。

この死去の報道が次々と削除されたことにSNSではかなりの話題性があると見られているようです。

死因は

瀧本憲治さんの死因は何だったのでしょうか。

精神的な疾患などもあったのでしょうか。

近年では事業が上手く行かなかったようですが今までも波瀾万丈の人生だったということで何か大きな事業をするのではなどの推測もありました。

今回の日比谷公園での報道を受けて事業の関係者には大きなショックが広がっているようです。

経歴と嫁(妻)は

瀧本憲治さんの経歴などはwikiなどネット上にたくさんあります。

セブンイレブン・ジャパンに就職したが、本格配属を前に父親である瀧本泰行の会社に転職。

しかし父親との確執により父親の会社の事業承継に失敗、会社は上場企業に売却されたため、コンサルタント業で独立、輸入建材会社・警備会社などの役員となった。

2005年に経営者の木村勝男に弟子入りし、UBI株式会社へ入社、不動産取引に従事。

2009年にUBIfinance社(現:株式会社リクレ)を創業。企業への融資業務を本格化。

2013年9月、maneo社・maneoマーケット社の代表就任。

結婚して嫁や子供がいるのかどうかに関しては情報がほとんど無いようです。

瀧本さんの年齢がアラフィフということもあり結婚して妻や子供がいてもおかしくないなどの意見もあります。

こちらの瀧本さんの家族構成に関しては現在調査中です。

学歴のプロフィール

瀧本憲治さんに関してはその学歴のプロフィールが特徴的で注目を浴びております。

中学校3年から麻雀が大好で成績が悪く、私立の全寮制に入学するも中退。中退後は「とび職」として働き始めるが再度高校に行く決意をし、東京都立府中高等学校に入学。

大学受験には失敗したため、トラック運転手になる。その後は零細の旅行会社に転職したが、再度の大学入学を決意。慶應義塾大学商学部へ入学

高校を中退し一度はとび職となりますが再度高校に入学します。

大学受験には失敗しトラック運転手となりガテン系への就職となります。

しかし、一念発起して大学の再受験をし慶応大学商学部に合格します。

学歴や経歴を見ても一筋縄ではいかない人生で精神的にもタフなイメージがありました。

それだけに今回の瀧本さんの訃報は実業界にかなりの衝撃を与えている模様です。

このニュース マジかよぉぉ~! ハコ系上場企業のテラ、関係者の瀧本憲治さんが

テラ竹森とよくつるんでたんだよな。

知らんだけで今までもこういうのあったんだろうね(´Д`)y-~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です