まつもと泉が死去!死因の病気は脳脊髄液減少症:結婚と持病は?

漫画家の、まつもと泉さんが死去したとの報道が流れました。

まつもと泉さんは「きまぐれオレンジ☆ロード」が週刊少年ジャンプに掲載され1980年代に人気漫画家となりました。

61歳という年齢でのまつもとさんの死去に漫画界は深い悲しみに包まれているようです。

ツイッターでもまつもとさんの死亡に関しては大きな反響があるようです。

「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかは、子供心に見てもドキドキする女性キャラクターでした。
しかし、61歳は若すぎますね。
ご冥福をお祈りします。

「きまぐれオレンジロード」は中学生のころジャンプの青春の漫画でした。
映画も観て、まさに青春の一ページ。
なんだか、自分達が好きだった漫画の作者もご逝去されるとショック。

謹んでご冥福をお祈りします。

「きまぐれオレンジロード」はジャンプ全盛期の名作だったな。鮎川まどかにドキドキしてた人も多かったはず。

61歳なんて今の時代じゃ若過ぎる年齢だし残念でしか無い。
ご冥福をお祈りいたします。

今回の話題は漫画家の、まつもと泉さんの死亡や死因に関して取り上げます。

まつもと泉が死去

人気漫画家の、まつもと泉さんの死去はデイリースポーツが下記のように報じております。

1980年代に「週刊少年ジャンプ」に連載された人気マンガ「きまぐれオレンジ☆ロード」などを手がけた漫画家・まつもと泉さんが10月6日に亡くなっていたことが、13日、分かった。61歳。公式サイト「WAVE STUDIO」が明かした。

同サイトは「まつもと泉についてWAVE STUDIOから皆さまへのご報告」と題して文書を公開。

「まつもと泉は今月6日午前0時過ぎに、かねてより入院療養中の病院にて永眠いたしました。これまで公私に亘ってお付き合いをいただきました方々、そして作品を愛してくださいました方々に心より御礼を申し上げます」と伝えた。

文書によると、まつもとさんは近年、「脳脊髄液減少症」を患っていた。脳と脊髄の周りを満たす髄液が少なくなることにより、頭痛、めまい、首の痛み、耳鳴り、視力低下、全身倦怠(けんたい)感など「不定愁訴」と言われるさまざまな症状を伴う病気だった。

出典:

まつもと泉さんはやはり「きまぐれオレンジ☆ロード」が代表作です。

テレビアニメにもなり人気を博しました。

61歳という年齢での死去はあまりにも早すぎるとのコメントが多いようです。

少年ジャンプの全盛期に大人気の漫画を描いていた巨匠の訃報に悲しんでいる漫画ファンは多いようです。

結婚と持病は?

まつもと泉さんは1987年に結婚したという情報があります。

奥さん(嫁)は富山県出身の女性ということです。

まつもとさんは持病などはあったのでしょうか。

今回の直接の死因として報じられているのは脳脊髄液減少症ですが他にも持病のようなものもあったようです。

何年か前には心臓の病気で手術をされていたようです。

さらに脊柱管狭窄(きょうさく)症も発症しておりかなり辛い生活になっていたようです。

死因の病気は脳脊髄液減少症

まつもと泉さんの死因は脳脊髄液減少症の病気ということです。

この脳脊髄液減少症とは何なのでしょうか。

脳脊髄液減少症とは何らかの理由で脳脊髄液が減少し、頭痛や様々な全身症状が現れる疾患です。

起立すると髄液の減少のために脳が下垂して、頭蓋底部の硬膜に異常な圧が加わり、激しい頭痛を生じます。この頭痛は、横になると軽減するという特徴があります。

まつもとさんは他にも様々な病気があり生活面はかなり大変だったようです。

しかし、復活に向けて意欲的に活動しようとしていたようですが今回の訃報ということになってしましました。

本当に残念だなどのコメントがSNSにたくさん書き込まれているようです。

ツイート

まつもと泉さんへのツイッターでの書き込みがたくさんあるようです。

人気漫画家ということで思い出も多い方も多く訃報を残念に感じる方が多いようです。

60代のでの死去はやはり早すぎると言わざるを得ません。

ジャンプの歴代No.1ヒロインの名を挙げるとしたら、未だに鮎川まどかを推す人も多い。
ご冥福をお祈りします。

マジか・・・

きまぐれオレンジ☆ロード、ジャンプ最盛期の代表的な漫画でしたね。

まつもとさんの描く女の子が可愛かったな?

本当に残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です