Zeebraジブラの不倫相手=黒髪のモデル風美女は誰で名前は?葉山の高級リゾートはどこ

ラッパーのZeebraジブラさんの不倫旅行をFLASHが報じております。

神奈川県葉山のリゾート地に2人は不倫旅行をしたとの報道です。

この週刊誌の報道にTwitterではたくさんのZeebraさんへのコメントが投稿されております。

金があると遊ぶね。

Niziuのリマちゃん、
両親が芸能人だったから、こう言うことで悪い影響なければ良いなと思ってたけど、さっそく出てしまったのか。。

Zeebraジブラさんと奥さんの仲に関してもあまりいいようなウワサは無かったようですが。

今回はこのジブラさんの不倫相手に関して取り上げます。

Zeebraジブラが不倫旅行

Zeebraジブラさんが不倫旅行をしたようだとFLASHは下記のように報道しております。

神奈川県・葉山の高級リゾートに、1組のカップルが滞在していた。女性は女優の西内まりやに似た、黒髪ロングのモデル風美女。男性は、ラッパーのZeebra(49)だ。

この高級リゾートは、宿泊客は1日1組限定。ビーチにそのままアクセスでき、宿泊予約サイトでは、最低でも1泊約7万円の料金が提示されている。

「ヒップホップ界のカリスマ」が、高級リゾートに宿泊するのは、おかしなことではない。しかし問題なのは、一緒に泊まった女性が、妻・中林美和(41)ではないことだ。

「2016年の『いい夫婦の日』である11月22日に、中林が夫への思いを、怒濤の勢いでツイッターにつづったのです。内容は、夫から彼女が受けてきた人格否定発言、威圧的な言動への不満でした」(同前)

 だいぶん前から、夫婦関係にはほころびが見えていたようだ。そして2020年、世間が夏休みを迎えるこの時期、Zeebraは家族ではなく、別の女性と過ごす時間を選んだ。2人は前日から宿泊しており、2泊3日で高級リゾート滞在を楽しんだことになる。

出典:FLASH

Zeebraジブラさんの葉山への旅行に関してはFLASHは奥さんではない女性と一緒に高級リゾートに宿泊していたと報道しております。

妻は中村美和さんですが2016年には中村さんがジブラさんへの不満をツイッターに書き、話題になっておりました。

今回の葉山への旅行では帰りに電車を使って恵比寿まで帰ってきたということでもTwitterでは話題になっているようです。

さらにその到着した恵比寿でこの黒髪のモデル風の美女とキスをしていたということで人目もはばかるようなことも無いようです。

不倫相手=黒髪のモデル風美女は誰で名前は?

Zeebraジブラさんの不倫相手と報道されている女性は誰なのでしょうか。

報道の中での特徴はこのようになっております。

黒髪
モデル風美女

これだけの情報では不倫相手の女性が誰か現時点では特定ができません。

今後SNSなどでこのモデル風美女の名前や顔写真などが特定できた時はこちらもブログにもアップしていこうと思います。

葉山の高級リゾートはどこ

Zeebraさんの不倫旅行では葉山の高級リゾートに宿泊したということです。

この高級リゾートは1日1組限定の宿泊施設で料金は7万円からというものです。

さらに海まで施設から簡単にアクセスできるということです。

この条件に合う宿泊施設は「THE HOUSE」という場所が見つかりました。

料金は現在では5万円からになっているようですが記事内の条件にあいますのでおそらく「THE HOUSE」に宿泊したと思われます。

ネットの反応

Zeebraジブラさんの不倫へのネットの反応は厳しいのもが多いようです。

メディアに出た時も孫のためなどの発言がありましたが不倫旅行が事実だとしたら幻滅だなどの声もあります。

孫のために頑張るとか言ってたけど

おじいちゃんが不倫って想像できない。

小学生レベルのクイズ番組で、何度も孫の為とか良い人アピールしてた人だよね?

奥さんのインスタとかにも旦那さんの姿は全く無いし別居してるのかなーとか思ってたけど。

謝罪コメント

Zeebraさんが今回の不倫の報道を受けて謝罪のコメントを公表いたしました。

「この度は自分の軽率な行動により、関係者の方々やファンの皆さまにご迷惑、ご心配をお掛けしてしまった事、心からお詫び申し上げます。

 そして何よりも、自分の不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまった事を、深く反省しております。今後は家族ひとりひとりに対し真摯に向き合い、二度と悲しませる事の無い様努めて参ります。本当に申し訳ありませんでした」(原文ママ)。

週刊誌の報道を受けてその事実を全面的に認めているようです。

今後は二度とこのような不倫のような行為はしないとのことです。

Twitterにはがっかりしたなどのコメントが非常にたくさん書き込まれております。

今回の反省の弁の通り家族を悲しませないような事態にはしないでほしいなどの意見もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です