札幌市のタクシー暴行の犯人=配送業の男(56歳)は誰,名前特定?ドラレコの顔写真は

札幌市でタクシー運転手に暴行したとして56歳配送業の男が逮捕されました。

この犯人は当時酒に酔っていたということです暴言をはきながらタクシー運転手にケガを負わせたということです。

飲酒がらみの事件が多発しておりSNSでもこの56歳の男への批判が数多く寄せられているようです。

56にもなって酒に酔ってタクシー運転手に暴行とか
この男は56年の間、何を学んできたんだろう

昔はよく酒が入ってるから仕方ない、なんて言われてたけど、
ほんと酒によっての犯行は厳罰化するべきだね

無抵抗のタクシー運転手に対しての行為で相当数の非難の声が集まっております。

今回は北海道札幌市で起きたタクシー内での暴行事件の犯人などに関して取り上げます。

札幌市のタクシー暴行の犯人を逮捕

札幌市で起きたタクシー運転手への暴行事件で犯人は現行犯で逮捕されております。

6月13日、北海道札幌市で男がタクシーの車内で暴れて逮捕された事件で、犯行の一部始終がドライブレコーダーに記録されていました。

この事件は6月13日夜、札幌市北区で自称・配送業の男(56)がタクシー内で暴れ防護板を壊したほか、けがを負わせたとして、傷害の現行犯で逮捕されたものです。

被害にあったタクシー運転手:「腹蹴られて血が出た。服も破れた。隙を見て外に出た」

犯行当時、男は酒に酔っていて「道順と運転手の態度に腹が立った」などと話しているということです。

出典:北海道ニュース

北海道札幌市で発生したタクシー運転手への事件です。

犯人は酒に酔っていたということですが今の時代ではそれは理由になりません。

ドラレコにもしっかりと録画されておりかなり悪資質な行為だったこともわかります。

現行犯でこの犯人は逮捕されたということですがどのような罰が下るのでしょうか。

配送業の男(56歳)は誰,名前特定?

札幌市のタクシー運転手への暴力で逮捕されたのは配送業に従事している男ということですが誰なのでしょうか。

現時点で現行犯逮捕された男で判明している情報は年齢で56歳ということのみです。

報道されている配送業というのも自称なので本当に運送関係に従事している人物なのかどうかはわかっておりません。

名前なども公表されていない状態ですのでこの56歳の自称運送業の男が誰かはまだ特定ができていない状態です。

ドラレコの顔写真は

札幌市で起きた飲酒した56歳の運送業の男がタクシードライバーに暴力をふるった事件ではその様子がしっかしりとドラレコに記録されております。

しかし、公開された動画には顔の部分にぼかしが入っておりどのような表情の人物なのかはわかりません。

今後警察の捜査で何らかの動きがあれば顔写真などの公表に至る可能性もありますのでそちらの情報も見ていきたいと思います。

北海道のドライバーへの事件のネットの反応

北海道札幌市ではタクシードライバーへの事件が連続で報じられているような感じですね。

運転手と客との仕切りをもっと厳重なものにするなどの対策が今後求められるのかもしれません。

現行犯で傷害の事実は隠しようもないからモザイクを外せよ。
そうすればタクシー会社も顔写真を掲示して要注意人物として見かけたら乗車させないように指示できるからね。

仕事で嫌なことがあったかうまくいっていないのか知りませんが、それで深酒して他人にからんで八つ当たり?っぽいですね。最近突然キレる事件が増えたような気がします。運転手さんも気の毒ですね。ババひいた感じですよ。

海外のように、運転席と後部座席に全体的に仕切りを付れるようになったら運転手さんも安全なのに。他の飲食店やサービス関係、医療もだけど、お店や施設のスタッフに対して本当に横柄な態度の人います。
タクシーは個室だし、危ないし、本人も家族も心配ですよね。

こういう方が二度と飲酒できない仕組みを作れないものかと。
お酒を飲んでいたから、やってしまったというなら、だったら飲むな!と言いたい。飲酒後の自らの状態を自覚できているなら、余計飲むな!といいたい。
お酒を飲むに値しない人間であることを、しっかりと自覚して反省していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です