須磨区:アルコール依存症治療クリニック院長は誰で名前特定?酒酔い運転医師の勤務先どこで場所は?

兵庫県神戸市で医師の男を酒酔い運転で現行犯逮捕したということです。

この逮捕された男はアルコール依存の治療をおこなっているクリニックの院長でそのような立場のある人物が酒酔い運転をしたとのことで社会に大きな衝撃を与えております。

この人はお酒飲んではだめだな

須磨区は事件が多い印象

神戸は人口が多くいろいろな事件なども起きますが今回のアルコール依存を治療するクリニックのドクターが自身で酒酔い運転をしたとのことで世間からの批判のそしりは免れない状況です。

今回は須磨区に自宅住所があるというアルコール依存症治療クリニックの院長の飲酒運転に関して取り上げます。

須磨区:アルコール依存症治療クリニック院長は誰で名前は?

兵庫県の垂水署が現行犯逮捕したクリニックの院長に関しては神戸新聞NEXTがこのように報道しております。

兵庫県警垂水署は11日、酒酔い運転の疑いで神戸市須磨区の医師の男(67)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後3時半ごろ、同市垂水区名谷町付近の路上で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転した疑い。容疑を認めているという。

同署によると、男は直前に対向車線のガードレールにぶつかる事故を起こし、駆け付けた同署員のアルコール検査で飲酒が発覚。男は同市中央区にある、主にアルコール依存症の治療を行うクリニックの院長をしているという。

出典:神戸新聞NEXT

クリニックの院長は現在67歳でかなりの経験をつんだ医者と考えられます。

酒酔い状態で車を運転したことを認めていて今までのキャリアに傷を残しそうです。

このアルコール依存治療の院長は誰なのでしょうか。

現時点の報道では名前などがでてきているものはなく誰かは特定できておりません。

今後起訴されるなど捜査が進展して実名で報道された折にはこちらのサイトでも追記して使用と考えております。

酒酔い運転医師の勤務先どこで場所は?

酒酔い運転で現行犯逮捕された医師の勤務先のクリニックはどこの場所にあるのでしょうか。

この医師は神戸市在住です。

神戸市は大きな町でアルコール依存を主な治療としているようなクリニックも複数あります。

今のところこのクリニックの名前なども判明しておりません。

こちらも今後の捜査の進展でわかるような場合には追記していきます。

自宅住所は

酒酔い運転で現行犯逮捕されたクリニックの院長の自宅は神戸市須磨区にあります。

須磨区と言ってもかなり広くいろいろなクリニックもありますので自宅兼職場のような形で医院が存在しているとしても現在のところその場所の特定はできておりません。

ネットの反応

現役の医師でかつ院長さらにはアルコール依存症の治療のクリニックの代表者が起こした酒酔い運転ということで厳しい意見が多いようです。

なぜこのような飲酒運転がらみの事故や事件がなくならないのか。

社会全体で考えなければいけない問題です。

酒に飲まれてしまいましたね

名前も出さないとダメでしょ

この記事何もわかってないし意味ない!

なんでこんなことするのかな。

最近こんな医師が多くてがっかりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です