済生会有田病院の50代男性外科医師は誰で名前は?佐原とは?新型コロナウイルス:肺炎|和歌山

済生会有田病院の50代の男性外科医が新型コロナウイルスに感染していたとして話題になっております。

和歌山県の湯浅町にあり同地域ではかなりの騒ぎになっているようです。

感染して広がるのは仕方ないとしてもそのスピードを上げないように最善の策を考える必要がある。

衝撃的だと思った人は、楽観的過ぎたのでは?

新型コロナウイルスの対応に全力を尽くしてほしいとの要望がたくさんあります。

まだまだ収束の気配もない中外科医の医師が新型のウイルスに感染したとのことで医療現場でもショックが広がっているようです。

今回はこの済生会有田病院に勤務の50代の男性外科医師に関して取り上げます。

済生会有田病院の50代男性外科医師は誰で名前は?

済生会有田病院での新型コロナウイルス感染に関しては産経新聞が以下のように報道しております。

和歌山県では、県内に住む50代の男性外科医が新型コロナウイルスに感染したことも判明、東京都内ではタクシー運転手の感染も明らかになった。

男性外科医が新型コロナウイルスに感染したことが判明した和歌山県では13日夜、県庁で緊急会見が開かれた。担当者は「医師が感染したことは衝撃的だ」と困惑を隠さず、「感染ルートが全く不明で、突然、和歌山で感染が確認されたことは社会的なインパクトも大きい」と驚いた様子で話した。

県によると、男性外科医は同県湯浅町の「済生会有田病院」に勤務。同じ外科の同僚医師1人と受診した患者3人にも肺炎の症状があるという。

病院は新規の患者受け入れを停止。入院患者には院内にとどまってもらい、通院患者向けには接触者外来を設けるという。

 男性外科医は今月8日にコンピューター断層撮影装置(CT)による検査で肺炎の症状が見られたため、10日に入院した。

出典:産経新聞

済生会有田病院の50代の男性医師に関しては中国への渡航歴もなくどのような経路をたどって和歌山県で新型のコロナウイルスの感染者が出たのか調査中とのことです。

しかも病院の外科医が新型肺炎の原因となるコロナウイルスに感染したとのことで院内感染などの懸念もあります。

実際にこの50代の男性医師の同僚が肺炎のような症状が出ているとのことで院内感染の疑惑が深まっております。

この50代の男性外科医師は誰なのかに関しては公表がされておりません。

したがって名前なども判明しておりませんので個人を特定することはできておりません。

佐原とは?

済生会有田病院に関して調べていると気になる名前が出てきました。

それが「佐原」というワードです。

この佐原氏が新型コロナウイルスに感染した50代の医師なのでしょうか。

この点に関しては報道や公的機関が実名などを出していないのでわかりません。

誹謗中傷などを避けるためにも今後も個人の名前などは公表はないと思われます。

新型コロナウイルスで肺炎か?和歌山

新型コロナウイルスで肺炎が和歌山で発生した可能性がありますが最悪の可能性にいたる確率などを見て冷静に判断しなければならないのではなどのツイートもあります。

新型の肺炎で死去した方も出ましたがきちんと正しい情報で対処するようにしたいものです。

和歌山県で急に新型コロナウイルスの感染者が医療関係者に出たということで日本社会には衝撃がありますが万全の態勢で厚労省はじめ関係各所には対応をしてもらいたいものです。

ネットの反応

関連記事COVID―19:新型肺炎重症化したのは誰?重症化しやすい人の特徴|新型コロナウイルス

今回の和歌山県での男性医師の感染は衝撃的ではないとのコメントもあります。

もしかするとすでに感染が爆発的に広がっており検査をしていないから感染者としてカウントされていないだけの方も多いのではなどのコメントもあります。

各自がマスクや手洗いなどの基本を徹底することが大切の意見も多いようです。

潜伏期間は2週間間位ならまだまだ増える。

別に衝撃的ではない。政府が初動で中国人を止めずに春雪に入り、無神経な中国人が個人旅行で大量に来ていた。それを止めなかったのだから、こうなって当然です。

それ、症状のある同僚医師か、もしくは患者からうつった可能性もある。
院内で、どれくらい広がりがあるか分からないがとりあえず調べて欲しい。
あと必要以上に、医師を叩かないで欲しいと思う。

患者側もまさか新型肺炎と疑わず受診すれば、受付や看護師も普段通り対応し、医師も普段通り診察する。

感染が予め分かっていて防護服着る訳ではない。かなりウイルスに対して晒された状態で診る事になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です