新型コロナウイルス感染の検疫官は誰で名前は?厚労省職員Facebook+Twitter顔画像と自宅住所は?

厚生労働省の検疫官一人が新型コロナウイルスに感染したことが判明いたしました。

河野太郎防衛大臣がTwitterでつぶやいたもので検査の結果陽性反応が出て感染が確定したとのことです。

もはや日本にウイルスは侵入してると思うべき時期に、検査対象を限定することの無意味さ、わかっているのか。
百歩譲って限定するとしても、
せめて中国全土にしないと。
さらに中国関係なくても医師が疑えば検査すべき。

何でツイッターで発信しているかは不思議だけど、
検疫官は濃厚接触者となりうるので、当然想定される事態だと思います。
そのうえで、どう対応しましたが大事な情報だと思います。

もうすでに日本国内にはかなり入り込んでいるとのコメントや検疫官の検査は必須との意見もあります。

今回は濃厚接触者ともされる検疫官の新型コロナウイルスの感染に関して取り上げます。

新型コロナウイルス感染の検疫官は誰で名前は?

新型コロナウイルスの感染の検疫官に関しては日刊スポーツがこのように伝えております。

河野太郎防衛相(57)が12日午前8時46分、ツイッターで、厚労省の検疫官が新型コロナウイルスの陽性反応が出たと明らかにした。

「厚労省の検疫官1名が新型コロナウイルスの陽性に。」

また河野氏は

「国内の新型コロナウイルス感染者(29名)のうち、退院10名、入院中16名、(うちわけ不明)。この他3名が症状なしで入院中」

と、この日の状況を説明。その上で「この他に2月12日朝の時点で、クルーズ船乗客で新型コロナウイルス陽性が174名」ともツイートした。

乗客が新型コロナウイルスに感染したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、11日までに135人の感染者が確認されており、12日に新たに39人の感染者が判明したとした。

厚労省は11日に、中国湖北省武漢市から政府のチャーター機で帰国した男性2人が、新型コロナウイルスに感染したと発表。その時点で、日本国内で感染が確認されたのは163人に上っていた。政府は感染拡大防止に向け、湖北省に加え浙江省に滞在していた外国人の入国も拒否する検討に入っていた。

出典:日刊スポーツ

河野太郎防衛大臣がTwitterで情報発信しています。

現役の大臣が速報を流している状況でこのツイートに期待する声もある一方政府の対応と整合性が取れるのかなどの不安の声もあるようです。

どちらにしても厚労省の検疫官が一人新型のコロナウイルスに感染したことは間違いのない事実です。

今後はどのようにして感染したのかの経緯の調査や肺炎などが起きた時に重篤にならないように監視することも必要となってくるようです。

その新型のコロナウイルスに感染した厚労省職員とは誰なのでしょうか。

感染した検疫官の名前などは伏せられており現在は誰なのかは報道されておりません。

厚労省職員Facebook+Twitter顔画像

厚労省職員で新型コロナウイルスに感染した検疫官のFacebookやTwitterなどは特定できるのでしょうか。

新型肺炎などに関しての情報はTwitterにはたくさん出てきますがこの検疫官などの個人の情報はプライバシー保護の観点から内容です。

上記のツイートが河野太郎大臣のものですが検疫官の個人情報はもちろんありません。

自宅住所は?

厚労省の検疫官が新型コロナウイルスに感染したという報道でどこに自宅住所があるのか気になる方もいるかもしれません。

新型肺炎も引き起こす可能性もありますので当然しかるべき隔離された病院などの施設に入っているものと考えられます。

自宅住所などのプライバシーにかかわる情報は偏見や差別行動につながる可能性もあるので積極的には公開していないのではというツイートもあります。

ネットの反応

かなりの防護対策をして検疫をしているにもかかわらず新型のコロナウイルスに感染したということは感染力が強いのではという不安の声もあります。

濃厚接触者の定義などもどのようなものかきちんと説明がないとわからないというコメントもありました。

いろいろな情報がありますがデマなどもあるので特にネットの世界には注意が必要なようです。

検疫官でさえ感染するのだから、一般の人なら易々と感染していくのだろう

河野さんは今日だけじゃなく、以前にも患者数や状況を随時ツイートしてくれてますよ。防衛省も船出したり防衛省の医師を派遣したりしてるから、関係があるといえばあるよね。会見とかニュース番組でしか見れない情報を早めにツイートしてくれるのはありがたい

感染した検疫官には最前線に立って対応頂いてるので、感謝しかないです。
どういった対応で感染したのか、振り返りと対策をお願いしたい。

今回の事件で分かったことは、いかにウィルスの驚異から各国が脆弱であるか。

ウィルスへの対策をガイドラインとして厳格に定め、対策を行わなければ、オリンピックを迎える日本が標的になりかねない。

今の日本政府がそこまで考えられているかは、これまでの後手後手をみると期待できませんが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です