石尾潤容疑者(荒川区NPO法人代表理事)カメラ設置で逮捕!FacebooやTwitter顔写真(画像)と学歴&自宅住所確定か?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

荒川区のスポーツのNPO法人の代表理事がカメラを設置したとの疑いで逮捕されました。

石尾潤容疑者は29歳でSports County Ambista(スポーツカントリーアンビスタ)というスポーツを推進する組織の理事でした。

荒川区を活性化する目的でつくられた法人の代表各の人物がこのような不祥事で逮捕されたことは関係者にも大きな衝撃を与えています。

今回はこちらの事件について取り上げます。

石尾潤容疑者(荒川区NPO法人代表理事)カメラ設置で逮捕!

NHKニュースなどによると以下のように報じられています。

逮捕されたのは、東京・荒川区のNPO法人の代表理事を務める石尾潤(29)容疑者です。

警察によりますと、8日午後6時ごろ、那須塩原市の旅館に、小型カメラを設置したとして、栃木県の迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。

石尾容疑者は、少年少女のサッカーチームの運営などを行うNPO法人の代表理事で、当時はおよそ30人の女子選手が参加する合宿のため、関係者とともに7日から2泊3日の日程で旅館に宿泊していたということです。

女子中学生らが入浴しようと脱衣所に入った際に、カメラに気付いて事件が発覚したことから、石尾容疑者が8日午後10時すぎに警察に自首したということです。

石尾容疑者は「カメラを設置したことは間違いない」と容疑を認めているということです。
出典:NHKニュース

石尾潤容疑者は子供たちから信頼されるべき立場の人間です。

それがこのような行動をとったことで石尾容疑者だけでなくNPO法人の名声にもどろを塗ってしまったことになります。

自首して容疑も全面的に認めているようですが社会的な制裁を免れることはできないでしょう。

今後のこちらの組織のマネジメントにも影響を及ぼしていくことでしょう。

FacebooやTwitter顔写真と経歴(学歴)&自宅住所確定か?

石尾容疑者のFacebookやTwitterなどSNSにおける顔写真や顔画像などを調べてみましたがツイッターのアカウントがありました。


学歴や経歴は調査の結果判明いたしました。
1990年大阪府和泉市市出身
→2009年私立國學院大學久我山高等学校で全国高校サッカー選手権ベスト8
→早稲田大学教育学部入学
→2016年NPO法人スポーツカントリーアンビスタを創設代表理事に就任

出身は大阪で早稲田大学にも進学しています。

将来を期待されていたのでしょうがこのような不祥事を起こして関係者はさぞ落胆していることでしょう。

自宅住所については確定的な情報がありませんが都内在住の可能性が高いと思われます。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

学校や習い事で隠しカメラが見つかると、最初に連絡するのは先生だろう。だけど、最近はその先生が犯人だったりするから、見つかったら即警察に通報するよう、子供たちには教える必要があると思う。

くっだらない事で人生を棒に振ってるな。
心底バカだなと思う。

コーチを問い詰めると…ってことは,普段から怪しい動きがあったのかな。何も無い良いコーチだったら問い詰めないでしょ。

孫の代まで語り継がれるでしょうね
なんで我慢できないかな

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です