神尾好彦容疑者(群馬市営バス事件)が逮捕!FacebookやTwitter顔写真(画像)と経歴&自宅住所特定?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

群馬県の太田市で市営バスの運転手がひき逃げをするという事件で神尾好彦容疑者が逮捕されました。

事件は7日の20時ころに起きました。

犬の散歩をしていた会社員の男性を後ろからはねたもようです。

今回はこちらの太田市の運転手逃走事件を取り上げたいと思います。

神尾好彦容疑者(群馬市営バス事件)が逮捕!

JNNなどでは太田市の事件を以下のように報じています。

群馬県太田市の市営バスの運転手が散歩中の男性をバスではね、そのまま逃げたとして逮捕されました。

逮捕されたのは、太田市の市営無料バス運転手の神尾好彦容疑者(65)です。

神尾容疑者は7日午後8時前、太田市龍舞町で、犬の散歩をしていた会社員の男性(45)をバスで後ろからはね、そのまま逃走した疑いがもたれています。

男性は肋骨などを骨折する重傷です。

 当時、バスには乗客がいませんでしたが、現場に残されていたサイドミラーの部品などから神尾容疑者が浮上したということです。

取り調べに対し、神尾容疑者は「事故を起こしたのは分かったが、人だとは思わなかった」と容疑を一部否認しているということです。

出典:JNN

バスのサイドミラーにあたったということですが大型の車両のミラーなので相当大きいものです。

こちらに接触して男性は転倒しろっ骨を骨折したものと考えられます。

サイドミラーはバスの運転手は一番頻繁に見るものなのにそれに接触して気づかないのはおかしい話です。

事故当時はバスには乗客が一人もいなかったということで誰にもばれないと神尾容疑者は考えたのかもしれません。

FacebookやTwitter顔写真(画像)と経歴&自宅住所特定?

FacebookやTwitterで神尾好彦容疑者のアカウントを探してみましたが当人と思われるものはありませんでした。

現在のところ顔写真や画像などは報道されていないようです。

どのようにして太田市のバス運転手に採用されたのかや自宅住所などの情報もまだ入手出来ておりません。

太田市で採用されたということで市内に自宅がある可能性は高いと考えられます。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

車を運転していればわかるが、普通に舗装された道路では小石を踏んでも感触がある。
ましてや人程の大きさのものと接触したら、その衝撃の大きさに停車して周囲を見るだろう。

勿論車が悪いのだが、暗くなってからの犬の散歩は本当に危険。どうしても散歩する場合は反射ベスト着るべき。ワンちゃん用の光る首輪等も。

目はかなり良いほうなのだが、こないだ深夜に車を運転してた時にしっかりと見ていたつもりだったが突然暗闇から全身真っ黒なジャージを来た人が視界に入って来て危うく接触しそうになってヒヤリとした・・。

運転手の年齢が65歳というのが気になる。
自分の地元のバス会社もそうなのだが、不景気で経費節減のためか知らないが、人の命を預かり運転するバスの運転手が正社員ではなく契約社員という、保証も雇用も不安定で年齢制限もあってないような状態で募集されていた。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です