勝浦ホテル三日月場所はどこ?武漢から受け入れ|新型コロナで隔離

勝浦ホテル三日月が武漢からの検査町の帰国者の経過観察の間宿泊施設として受け入れております。

この行動にSNSなどでは勇断だとして評価する声が多いようです。

他の宿泊者はいないようで希望者にはほかの施設を案内しているそうです。

すごい決断です

政府トップからも感謝の言葉がありましたね

日本全体の問題ですが勝浦ホテル三日月の英断で大混乱にはなっていない様相です。

今回は千葉県勝浦にあるホテル三日月に関して紹介したいと思います。

勝浦ホテル三日月場所はどこ?

勝浦ホテル三日月に関する報道は毎日新聞で下記のようにされております。

千葉県は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中国湖北省武漢市からチャーター機で帰国した日本人206人のうち、症状がなく、宿泊施設での経過観察を希望する人について、検査結果が出るまでの間、同県勝浦市の宿泊施設「勝浦ホテル三日月」で受け入れると発表した。

県によると、28日夜に国から要請があり、受け入れを決めた。厚生労働省と県の職員各2人のほか、県の救命救急センターに指定されている亀田総合病院(同県鴨川市)の医師と看護師がホテルで帰国者の対応に当たる。

看護師と県職員は24時間態勢で常駐し、症状を発症した場合には同病院で診断、治療する。帰国者は基本的に客室で過ごしてもらい、従業員はマスクを着用して、食事を部屋に運ぶなどするという。

県によると、ホテルには他の宿泊客は現在おらず、予約があれば他の宿泊施設を紹介している。県健康危機対策室は「受け入れは現在、症状のない人たち。周辺の住民には感染リスクが極めて低いということを理解していただきたい」としている。

出典:毎日新聞

コロナウイルスの感染者を宿泊させたとなるとその後の風評被害も心配されますがこの勝浦ホテル三日月はそのような心配もものともしないで日本のために一肌脱いでがんばっているというネットの評価が多いようです。

売上も落ちるでしょうし補償が確定しているわけでもないこの時期に英断をした支配人などには称賛の声が広がっております。

このホテル三日月の場所は勝浦のどこにあるのでしょうか。

外房線の勝浦駅からほど近い海辺のホテルです。

武漢から受け入れ

武漢からの政府による直行便で成田空港に到着した乗客はコロナウイルスの感染の経過観察のためこの勝浦ホテル三日月に宿泊します。

武漢からのチャーター機は今後数便が要諦されているようです。

そのたびにこちらのホテルにきて容態の変化などを見るようです。

新型コロナで隔離

新型コロナは隔離が必要となるウイルスです。

したがっていろいろな人と接触をすると感染のリスクが高まります。

そのため特定の場所で経過観察をすることが重要なのですがそのような施設が成田空港などの近くにはありませんでした。

そんなときに勝浦ホテル三日月が声をあげてくれて政府関係者も安堵の表情のようです。

今回の勇断に感謝したいとの声がネットを中心に広まっております。

ネットの反応

社長が偉い

風評被害なんて吹き飛ばせます。

がんばれ!!

落ちついたら泊まりに行きます!

名をあげましたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です