菅谷幸彦弁護士に戒告処分:学歴や経歴とFacebook&Twitter顔画像

菅谷幸彦弁護士が第二東京弁護士会から戒告の懲戒処分を受けていたことが判明いたしました。

セクシービデオなどへの出演の裁判で有罪となった男に対して違法性のある行為をやめるようにアドバイスしなかったことで戒告としました。

善意の第三者だろ、無罪だと思います。

DVD業者が弁護士さんをだましたのかな

SNS上では弁護士が悪いとの意見や純粋に騙されたのではないかとの意見が交錯しております。

本当のところは菅谷弁護士にしかわかりませんが今回はこの戒告処分などに関しても取り上げようと思います。

菅谷幸彦弁護士に戒告処分

今回の菅谷幸彦弁護士の処分に関しては産経新聞がこのように報道しております。

女子高生らにビデオへの出演を強要したなどとして有罪判決を受けた元DVD販売サイト運営者の男に対し、違法行為を止めるよう助言しなかったのは弁護士の品位を失う非行にあたるとして、第二東京弁護士会が、男の顧問弁護士だった菅谷幸彦弁護士(55)を戒告の懲戒処分にしたことが26日、分かった。処分は20日付。

同弁護士会の懲戒委員会や綱紀委員会の議決によると、元サイト運営者の男は平成26~28年、インターネット上でコスプレモデルの募集を装って少女らを集め、東京や大阪のスタジオでビデオ出演に勧誘。

当時18歳だった女子高生の少女を脅し、承諾書に「行為は私の意思です」と書かせたなどとして強要や職業安定法違反などの罪に問われ、30年3月に大阪高裁で懲役2年6月、罰金30万円の実刑判決を受けた。

菅谷弁護士は「(男の行為が)職業安定法上の有害業務に該当するかどうか思いを致すことが現実的に困難だった」と弁明したが、懲戒委は「(同法の)有害業務の概念について知らなかったことは弁解の余地がない」と断じた。

一方で「法的知見を提供し、違法行為を助長した証拠はない」として、戒告とした。

菅谷弁護士は産経新聞の取材に対し「法令を知らなかったことはミス。男の顧問に就いたのは結果としては適切ではなかったと言わざるを得ない」とした。

出典:産経新聞

菅谷弁護士は自分のミスと認めていると報じております。

しかし、ネット上では菅谷弁護士に同情的な言葉も多く誰かに騙されているのではという声もあります。

一方で糾弾するような言葉を投稿している方もいて人によって見方がかなり異なるようです。

学歴や経歴

菅谷幸彦弁護士の学歴や経歴はどのようなものなのでしょうか。

菅谷弁護士の学歴つまり卒業した大学や大学院などの情報はありませんでした。

経歴としては弁護士登録した後現在は菅谷・来司法律事務所を東京赤坂でひらいております。

Facebook&Twitter顔画像

菅谷幸彦氏のFacebookやTwitterなどを調べてみましたが今回処分を受けた弁護士さんのアカウントは無いようでした。

守秘義務があるので軽々に情報などを発信することができないのでしょうか。

顔画像などは肖像権などに触れるのでこちらでは記載しておりません。

菅谷・来司法律事務所で検索するとページがでてきて顔画像などがあります。

ネットの反応

組織も堕落してるんじゃないの?

そもそもビデオ屋にろくなのは居ない。

業界は実は優しいなんてサイトが散見されるが、ステマかさまざまな闇を葬るための広告かと思われる。

日本はビデオ業界に対してもう少し毅然と対応するべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です