同志社大生が逮捕で名前は?大麻所持の容疑で摘発!

同志社大生が大麻所持の疑いで逮捕されました。

合計で4人逮捕されたとのことですが全員同志社大学の学生ということです。

最近の薬物などの汚染を見ると大学教育への影響が心配されるとの声が聞こえてきます。

今回はこの同志社大学の学生が起こした大麻に関する事件を取り上げます。

同志社大生が逮捕で名前は?大麻所持の容疑で摘発!

同志社大生の大麻所持の容疑での逮捕は共同通信などがこのように報じております。

大麻の購入をツイッターで勧め、自身も所持したとして、京都府警は18日までに、大麻取締法違反などの疑いで、同志社大1年の男(21)=京都市上京区、同罪などで起訴=を逮捕した。

一緒に大麻を所持したとして、18日までに同法違反の疑いで、いずれも同志社大の学生で、2年生の男(21)を逮捕、21歳と22歳の3年生の男性2人を書類送検した。

 1年生の男の逮捕容疑は8月、ツイッター上で大麻を売買している人物のツイートを引用し「ぜひ引いてみてください」と購入を勧める投稿をしたほか、11月に自宅で乾燥大麻約0.9グラムを所持するなどした疑い。

出典:共同通信

同志社大学は関西の私立大学では関関同立と称される名門の大学の一角を担っております。

そのような将来が嘱望された大学生が大麻の誘惑に勝てずに所持していたことは関係者に衝撃を与えております。

大麻所持の疑いで逮捕されておりますがネットでは使用も当然していたのではなどと意見する方も多いようです。

ネットでの購入をすすめたということも逮捕の一因になっていてネット社会の一面を見せてくれています。

逮捕された同志社大生は1年生の男が一人、2年生の男が一人、3年生の男が二人逮捕されております。

この男たちの名前などは公表されておりませんので詳細はわかりません。

所属していた学部や学科なども非公表ということで今後起訴されるなどした際に新情報が出てくる可能性があります。

SNSではせっかく同志社に入ったのに将来が台無しだなどという声もありますが自業自得という意見もあります。

先日も京都精華大学の学生も大麻に関する事件で逮捕者を出していて京都の大学生の薬物の浸透が心配されます。

同志社大学の事件

同志社大学の学生の事件は実は今年の初めにもありました。

女性を不適切な方法でお店に紹介して働かせる職業安定法違反の疑いで逮捕者が出ております。

このときは同志社だけでなく他の京都市内の大学の学生も一緒に犯罪に手を染めていたとのことで大学としては大変遺憾というコメントを出しております。

この大学生は退学処分位なるのか

同志社大学を卒業するかできないのかは大きな問題です。

就職もそうですし今後の人生にかかわってきます。

昨今の大麻や薬物の実例を見ると厳罰化してきているようにも感じます。

社会の風潮がそのように傾いているのかもしれません。

こちらも今後の報道で出てきましたら追加で記していきたいと思います。

ネットの反応

最近、同志社の学生が逮捕されるのが多いね。

関西トップクラスの私大に合格したった1年でこれですか。
ご両親が泣いているだろうに。まあ、退学でしょうね

最近、京都の有名大学の学生の不祥事が多すぎるけれども大丈夫?
大麻で捕まるなんて今後の人生設計も相当影響が出ると思いますよ。

周りが大変ですね。
この時期に同志社大学も大変です。
一生懸命築き上げてきた信頼もガタ落ちです。
今、同じ志で勉強追い込みかけている人どうすんの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です